猫について

猫の被毛の色と柄

同じ種類の猫同士でも色が微妙に違ったり、柄が全然違ったりと本当にいろいろな種類があります。その猫の被毛の色と柄についてまとめました。

目次

猫の被毛の色や柄が決まる遺伝子について

猫の被毛はいろいろなパターンがあります。
どのような毛色や模様になるのかは、受け継いだ遺伝子によってある程度決まります。
遺伝子は9種類でそれぞれ優勢と劣勢があるため計18種類となり、親からそれぞれ1種類の遺伝子を受け継ぎ子猫の被毛の色が決まります。

アグーチ ブラック カラーポイント ダイリュート インヒビター オレンジ スポッティング タビー ホワイト
色や模様 1本の毛に縞が入る 顔や体の先の方に色が出る 色が薄くなる シルバー 体の一部が白くなる 縞模様
優勢遺伝子 A B C D I O S T W
劣性遺伝子 a b c d i o s t w

猫の被毛の色について

 ホワイト

白猫 両親のどちらかから1つでも「W」遺伝子を受け継ぐと真っ白な被毛になります。
「W」遺伝子とは異なる遺伝子によって真っ白な被毛を持つ猫は「アルビノ」です。
色素を持たない「アルビノ」は、瞳孔の奥にある血管が透けて見えるため赤みがかった目を持っていることで見分けられます。

 ブラック

黒猫 両親のどちらからか「B」遺伝子を受け継ぐと黒い被毛になります。

 ブルー

ブルーの被毛ロシアンブルー ロシアンブルーに代表されるブルーの毛色は「B」に色を薄くする「dd」遺伝子が混ざっています。

 チョコレート

チョコレート色の被毛の猫 両親のどちらからか「b」遺伝子を受け継ぐとこの色になります。

 ライラック

ライラック&ホワイトの被毛の猫 チョコレート系の「b」遺伝子に色を薄める「dd」遺伝子が混ざった場合にライラックになります。

 シナモン

シナモン色の被毛の猫 「b1」遺伝子が2本揃って「b1b1」という形の時にシナモン系の色になります。

 フォーン

フォーン色の被毛の猫 シナモンに色を薄める「dd」遺伝子が混ざった場合にフォーンになります。

 レッド

レッド&ホワイトの被毛の猫 「O」遺伝子を受け継ぐと赤色系の被毛になります。

 クリーム

クリーム&ホワイトの被毛の猫 「O」遺伝子に色を薄くする「dd」遺伝子が混ざるとクリームになります。

猫の被毛の柄について

 ソリッド

ノン・アグーチ遺伝子を持った柄のない単色(上記のホワイトやブラックなど)の被毛

 ティッピング

スモーク柄の猫 ソリッドのような単色ではなく、根元がシルバーやゴールドで毛の先だけに色が入っているため模様になって見えます。
色の入り方が少ないと「チンチラ」、中間だと「シェイド」、多いと「スモーク」と3種類に分類されます。

 トータスシェル(トーティ)

サビ猫 トータスシェルとは、亀の甲羅のことです。
「O」遺伝子と「o」遺伝子が組み合わさり「Oo」遺伝子型になった時表れます。
べっ甲のような色柄で「サビ猫」とも呼ばれます。

 タビー

ティックド・タビー(アグーチ・タビー)

アビシニアン 縞模様やポイントカラーなどがなく、「A」遺伝子により様々な色合いで光沢感のある被毛です。
尻尾や四肢に薄く縞模様がある場合があります。
代表的な猫種:アビシニアンソマリ

マックレル・タビー

キジトラ マックレルとは「鯖」のことで、全身に縞模様が入っています。
また、額には特徴的なM字の模様が入っています。
代表的な猫種:サバトラ・キジトラ・茶トラ

クラシック・タビー

アメショー マックレルとは違い、不規則な斑点・渦巻き状の模様が入っています。
額にはマックレルと同様に特徴的なM字の模様が入っています。
代表的な猫種:アメリカンショートヘア

スポテッド・タビー

エジプシャンマウ 全身に斑点模様が入っています。
代表的な猫種:エジプシャンマウオシキャット

マーブルド・タビー

ベンガル スポテッドのような斑点ではなく「ロゼット」と呼ばれる大理石のような模様が入っています。
また、額には特徴的なM字の模様が入っています。
代表的な猫種:ベンガル

 カラーポイント

トンキニーズ 顔・耳・獅子の先端・しっぽなど体の先端部分のみ濃い色の被毛です。
代表的な猫種:サイアミーズ(シャム)ヒマラヤントンキニーズ

 ホワイトポイント

上記にあげた様々な柄に白が入ったもので色の入り方でいろいろな種類があります。

キャリコ

三毛猫 黒・茶・白のいわゆる「三毛猫」です。
黒や茶の部分が縞模様だったり、色の薄い「ダイリュート・キャリコ」など様々です。
遺伝的にほとんどがメスでオスには珍しい模様です。

バイカラー

様々な色や柄に白の2色の毛色ですが、色の入り方によって呼び方がいろいろあります。

ミトン柄の猫 ミトン
靴下猫など四肢の先端や喉元、お腹にワンポイントで白が入った柄です。
タキシード柄の猫 タキシード
顔、胸元からお腹にかけてまるでタキシードを着ているような感じに白が入っている柄です。
顔の八の字模様は「ハチワレ」とも呼ばれます。
マントル柄の猫 マスク・マントル
頭、背中、しっぽにマントを羽織っているかのように色が入っている柄です。
キャップ柄の猫 キャップ
頭、背中、しっぽに色がありますが、マスクより白い部分が多く帽子を被っているような柄です。
マグピー柄の猫 マグピー
ほとんどが白でところどころに色が入った柄です。
ハーレクイン柄の猫 ハーレクイン
マグピー+頭としっぽにも色が入った柄です。
バンパターン柄の猫 バンパターン
白を基調として、しっぽと耳の付け根に赤色系の柄があります。
ターキッシュバンにちなんでこう呼ばれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
イメージし易いように写真をいれてみましたが、上記以外にも色味が違ったり入り方が違ったりする柄もたくさんあります。
猫は見た目がすべてではありませんが、自分の気に入った柄であればよりいっそう愛着もわきそうです。
すでに猫を飼っていらっしゃる方やこれからお迎えしようと思っている方に、少しでも参考になれば幸いです。

© 2021 ねこ日和