猫の種類

ソマリについて

ソマリは、アビシニアンの交配の過程で生まれた長毛種です。
ソマリについてもっと詳しく見ていきましょう。

♦基本情報♦

原産国:イングランド(イギリス)

ボディタイプ:フォーリンタイプ

被毛のタイプ:ダブルコートの長毛種

体重:オス 3~5㎏
   メス 2.5~4㎏

寿命:11~15歳

公認団体:TICA、CFA、FIFe、GCCF

ソマリ
目次

ソマリの歴史

ソマリの歴史
ソマリはアビシニアンの長毛種です。
第二次世界大戦後、激減してしまったアビシニアンの復活のために様々な異種交配が行われました。その過程において誕生したソマリに対して、「長毛のアビシニアンが生まれることは純血の育成に反するもの」として否定的な人が多かったようです。また、短毛ではなく一般的な長毛種よりも短い被毛は中途半端な印象を与えたようです。
そういった理由からソマリはキャットショーには出されず、一般家庭用のペットとして譲られることが多かったのですが、1963年に悪戯でショーに出る猫たちのゲージの中にソマリを混ぜたブリーダーがいました。そのショーにいた審査員が、ソマリの美しさに感嘆の声をあげ注文したことから注目され、育成が始まったと言われています。
ソマリという名前は、アフリカのアビシニア(現在のエチオピア)の隣国「ソマリア」からきていると言われています。

関連記事

ソマリの特徴

ソマリの特徴
セミロングの被毛とそれよりも長い毛で覆われたボリュームのある尻尾、頭は小さく緩やかなV字型で大きな耳が特徴です。
「キツネのような猫」と呼ばれることもあり、鳴き声は鈴を転がしたような声といされています。

ソマリの性格

ソマリ

 賢くて従順

ソマリはアビシニアンの長毛種であるため、性格がよく似ています。「犬のような猫」と言われるほど従順で、洞察力があり人間のすることをよく見ています。明るく社交的なことからしつけがしやすい猫種です。また、声は鈴の音のような澄んだ声であるため、マンションなどでも飼いやすいです。

 表情豊かで甘えん坊

ソマリは猫の中でも表情が豊かだと言われています。メスはしっかりとした性格の子が多いようですが、オスは感情をよく表します。また、甘えん坊で飼い主に撫でて欲しいと後ろをついてくることもあるようです。

 人見知りで神経質な面もある

賢く感受性が強いため、見慣れない人や場所では警戒心を覗かせます。また、大きな音は苦手とする神経質なところもあります。いつも人の出入りが多く大きな音を立てるような環境には適さないようです。

 多頭飼いに向いている

ソマリは穏やかでおとなしい性格のため、他の猫やペットとの相性が良く多頭飼いに向いている猫種です。

ソマリの被毛や目の色

ソマリはアーモンド形の大きな目で、色はアビシニアンと同じグリーンまたはアンバー(琥珀色)です。ダブルコートで、光の加減で色味が変わって見えるティッピングの被毛を持ち、下記の4種類が認められています。

レッド レッド
色味が濃いルディと薄いフォーンの中間色です。
ルディ ルディ
濃い茶や黒の被毛です。
ブルー ブルー
グレーのようなベージュの色合いです。
フォーン フォーン
ローズベージュ色で色味が薄くやわらかい印象です。
関連記事

ソマリのかかりやすい病気

ソマリのかかりやすい病気
ソマリは、アビシニアンの長毛種のため注意する病気も同じものになります。

 拡張型心筋症

心臓の筋肉に異常が生じて心臓の働きが低下することによって、全身に血液を送る働きが出来なくなる病気です。

 アミロイドーシス

「アミロイド」という水に溶けない性質を持ったタンパク質が、全身の様々な細胞と細胞の間に沈着して組織や器官の働きを妨げてしまう病気で遺伝性疾患です。

 ピルビン酸キナーゼ欠乏症

エネルギーを作り出す酵素が足りなくなることで、赤血球が破壊され貧血になる病気で遺伝性疾患です。

 重症筋無力症

脳からの指令をうまく筋肉に伝達することが出来ずに、筋肉が脱力したり疲労する病気で遺伝性疾患です。

 進行性網膜委縮(変性)症

網膜が萎縮や変性して正常な機能を果たさなくなる病気で遺伝性疾患です。

関連記事

ソマリを飼うのに気をつけること

ソマリを飼うのに気をつけること

 運動できる環境を整える

ソマリは運動量が多く好奇心旺盛なため、運動できる環境と悪戯されないように部屋の中の不要なものを片付ける必要があります。また、水を怖がらない性格の子が多いため、特に子猫時代にはお風呂場で悪戯したりしないように注意しましょう。

 寒防対策

ソマリは一見セミロングの被毛で温かそうに見えますが、とても寒さに弱いです。特に冬は風邪を引いたりしないように防寒対策が必要です。

 コミュニケーションを多めにとる

ソマリは、コミュニケーションをとりやすく他の猫やペットなどとも仲良くできますが、甘えん坊で神経質な面もあります。飼い主が外出しがちであまり遊んでくれないとストレスを感じることもあるようです。ソマリは長毛種ですが、一般的な長毛種よりも短めなのでブラッシングは換毛期以外の時はそれほどまめにしなくても大丈夫ですが、ダブルコートのため換毛期はそれなりの抜け毛はあります。ブラッシングの時は十分に甘やかせてあげてくださいね。

 騒音対策

大きい音は苦手なため、悪戯しても大きな声で怒鳴ったり叩いたりするのはやめましょう。賢いので、大きな声を出さなくても諭すように教えてあげると理解してくれます。また、工事などで大きな音がする場合は、なるべく近くにいて安心させてあげてください。

ソマリと一緒に暮らすには

ソマリと一緒に暮らすには
ソマリは、アビシニアンほどではないですが取り扱っているペットショップやブリーダーがありますので日本国内でも入手できます。
血統や色合い、年齢によりますが、ペットショップやブリーダーからなら5~30万円ほどで入手できます。
子猫の時はまだ被毛が短いのであまり区別がつきませんが、両親ともにソマリの場合と、どちらかがアビシニアンの場合では成長とともに被毛の長さが違ってくることがあります。長毛の子が欲しいなどこだわりがある場合は、両親の情報がわかるペットショップやブリーダーから入手した方が良さそうです。

ソマリの動画

ソマリの魅力を言葉だけではなく、映像で紹介します。言語は英語ですが、映像だけでも楽しめると思います。


引用元:Cats 101: Somali

まとめ

ソマリは大きな声で鳴かず、他の猫やペットともとても相性のよい猫種です。
多頭飼いをご検討されている方は、ぜひ家族の一員としてお迎えする候補としてみてはいかがでしょうか。

© 2021 ねこ日和