猫の種類

アメリカンショートヘアについて

アメリカンショートヘアは、日本では「アメショー」と呼ばれマーブル模様の被毛を持ったとても人気のある猫種です。
アメリカンショートヘアについてもっと詳しく見ていきましょう。

♦基本情報♦

原産国:アメリカ

ボディタイプ:セミコビータイプ

被毛のタイプ:ダブルコートの短毛種

体重:オス 4~7㎏
   メス 3~6㎏

寿命:10~13歳

公認団体:TICA、CFA

アメリカンショートヘア
目次

アメリカンショートヘアの歴史

アメリカンショートヘア
アメリカンショートヘアは、もともとはペットとしてではなくネズミを捕る目的で育てられました。
アメリカンショートヘアの先祖猫はブリティッシュショートヘアです。
1620年にメイフラワー号によりイギリスからアメリカに上陸後は、ドメスティックショートヘアと呼ばれていました。
アメリカの農業が大規模化して穀物管理の手法が発展すると、ハンターとしての役目を終えキャットショーに出るようになりましたが、当時は「ショートヘア」として他の短毛種と一緒にされていたようです。
その後愛好家達によって改良が続けられ、1966年にアメリカンショートヘアとして登録されました。
日本では名前が長いため、「アメショー」と呼ばれることが多いです。

関連記事

アメリカンショートヘアの特徴

アメリカンショートヘア
丸い顔に大きくてアーモンド形の目を持ち、目尻から頬に向かって入っている「クレオパトラライン」は縞模様を持つ猫種ならではの特徴です。ネズミ捕りで外を駆け回っていたため筋肉質な身体をしています。

アメリカンショートヘアの性格

アメリカンショートヘアの性格

 人懐っこくて優しい

人懐っこくて甘えん坊のため、あまり人見知りをせず家族の誰とでも仲良くなれます。また、穏やかで優しい性格のため他の動物とも喧嘩することがなく多頭飼いに向いています。

 行動力があり好奇心旺盛

アメリカンショートヘアは、もともとネズミ捕りのために育てられていた猫のため、じっとしていることよりもいろいろなことに興味を持ち冒険好きです。身動きのできない抱っこは嫌いであると言われています。

 賢くて環境の変化に強い

賢いためしつけにあまり時間がかからず、飼い主に何かをして欲しい時以外はあまり鳴きません。また、環境の変化に対してもあまりストレスを溜めずに順応してくれます。

 病気になりにくい

自分自身で体温調節をすることが出来、温度差のある環境に強いため病気になりにくいと言われています。

アメリカンショートヘアの被毛や目の色

アメリカンショートヘアと言えば、シルバーに黒いマーブル模様のイメージが強いですが、実は柄は豊富にあり70~100種類もあると言われています。
下記の他にも、一見してアメリカンショートヘアっぽくないブラックソリッド(黒の単色)やバイカラー(2色)などがあります。
被毛はネズミ捕りとして外で活躍していたため、厳しい環境でも過ごせるようにダブルコートで厚く、密度が濃いです。
目はヘーゼル、ゴールド、カッパーなどが多いとされています。

シルバークラシックタビー シルバークラシックタビー
代表的なシルバー地に黒のマーブル模様です。
ブルータビー ブルータビー
模様が薄く、シルバーよりも淡いブルーの毛色です。
ブラウンタビー ブラウンタビー
ブラウンに黒の模様で目の色はゴールドです。
レッドタビー レッドタビー
ブラウンよりも明るい色合いで茶トラのような毛色をしており目の色はブラウンです。
クリームタビー クリームタビー
淡いクリーム地にブラウンのタビーで目の色はヘーゼルが多いようです。
関連記事

アメリカンショートヘアのかかりやすい病気

アメリカンショートヘアのかかりやすい病気
アメリカンショートヘアは、身体が丈夫であると言われています。
そのため、一般的に猫が発症しやすい病気に気を付けましょう。

 関節疾患

アメリカンショートヘアは、運動量が多いですがあまり激しく運動しすぎると関節疾患を起こしてしまう可能性があります。

 糖尿病

アメリカンショートヘアは、運動不足になると太りやすい体質のため食事管理に気を付けましょう。

 尿路結石症(尿石症)

腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結石や結晶が出来、傷つけたり詰まったりすることで血尿が出たり、膀胱炎を引き起こしてしまう病気です。

 肥大型心筋症

心臓の筋肉に異常が起こったことで心臓の機能が低下し、血液を送る働きが出来なくなる病気です。

関連記事

アメリカンショートヘアを飼うのに気をつけること

アメリカンショートヘアを飼うのに気をつけること

 肥満対策

もともと外で狩りをしていたため運動量が多い猫種ですが、運動不足になると太りやすい体質のため食事管理に注意しましょう。いつでもご飯を食べられるとうにしていると食べ過ぎてしまうので、時間を決めて適量をあげるのが望ましいです。

 換毛期の手入れ

アメリカンショートヘアは、短毛種ですがダブルコートで被毛が厚いため、普段はそれほどではないですが換毛期には抜け毛が多いです。ブラッシングを小まめにしてあげましょう。

 快適な室温対策

寒さには強いですが、ダブルコートで厚い被毛のため暑さには弱いです。夏季は特にエアコンなどで室温が高くなりすぎないように気を付けましょう。

アメリカンショートヘアと一緒に暮らすには

アメリカンショートヘアと一緒に暮らすには
アメリカンショートヘアは、日本ではとても人気があるため比較的入手しやすい猫種です。
血統や模様、色合いや年齢によりますが、ペットショップやブリーダーからなら8~30万円ほどで入手できます。
また、里親募集でも比較的探しやすいかと思います。

アメリカンショートヘアの動画

アメリカンショートヘアの魅力を言葉だけではなく、映像で紹介します。言語は英語ですが、映像だけでも楽しめると思います。


引用元:cats-101-american-shorthair ** High Quality**

まとめ

アメリカンショートヘアは、身体が丈夫でしつけがしやすく、環境の変化や他の動物にもすぐ慣れるため多頭飼いに向いています。また、あまり鳴かないため初めて猫を飼う方にお勧めしたい猫種です。
被毛の色が多彩なため、お気に入りの色や柄の子を探すのも楽しいですね。
アメリカンショートヘアをペットに迎えたいとご検討されている方のご参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和