猫について

猫の血統書と登録団体について

猫を飼いたいと思った時、「血統書の付きの猫」と聞くと「優秀な猫」や「出生のきちんとした猫」というようなイメージがあるのではないでしょうか。
猫の血統書や登録団体についてもっと詳しく見ていきましょう。

ペルシャ

目次

猫の血統書とは

ブルーの猫

猫の血統書とは、純血種に与えられる生年月日や両親が誰なのかなどを証明する書類で、人で言うと戸籍謄本のようなものになります。血統書付きの猫は「出生を公的に証明されている猫」ということになり、「他の猫より優秀だから血統書が与えられている猫」ということではありません。ペットショップ業界で多く扱われている血統書発行団体はICCやACCですが、ペットショップによってはよくわからない団体が発行していたり、個人が私製した血統書の場合もあります。

猫の血統書を発行している団体

猫の血統書を発行している団体は、国内では主に4つの団体があります。

 TICA(TICA Asia East Region)

TICA(The International Cat Association)は、最も有名な世界2大猫血統登録団体のうちの1つです。血統書を発行してもらうためには厳しい審査が必要になりますが、公認されると世界的に純血種と認められた血統書が入手出来るため、血統書の中では人気があります。日本はこの中の東アジア地区に分類されています。

 CFA(CFA Japan Region)

CFA(Cat Fanciers' Association)は、TICAと並ぶ世界2大猫血統団体の1つです。こちらも血統書を発行してもらうためには厳しい審査が必要になりますが、血統書の中では人気があります。本部はアメリカのオハイオ州にあり、日本は日本地区に分類されています。

 ICC(International Cat Club)

ICCは日本の猫血統登録団体で、東京に本部があり各都道府県に支部があります。「各猫種の猫籍登録及び優良猫の普及と飼育指導奨励を行い、広く国民の動物愛護の精神を高揚すること」と目的に設立されています。ここで発行された血統書は世界的には通用しないことも多いため、愛猫を大きなキャットショーに参加させたい場合は、TICAやCFAの血統書が必要になることもあります。

 ACC(Asia Cat Club)

ACCは日本の猫血統登録団体で、東京に本部があります。中央ケネル事業協同組合連合会が法人組合として発足した後、連合会と傘下地域組合の役員が中心となって立ち上げた猫登録団体であり、血統書の発行業務、キャットショーや猫に関する講習会などを開催しています。ここで発行された血統書は世界的には通用しないことも多いため、愛猫を大きなキャットショーに参加させたい場合は、TICAやCFAの血統書が必要になることもあります。

 国外での主な団体

GCCF(Governing Council of the Cat Fancy)

GCCFは、イギリスの猫血統登録団体です。

FIFe(Federation Internationale Feline)

FIFeは、スウェーデンにあるヨーロッパ最大の猫血統登録団体です。

REFR(Rare and Exotic Feline Registry)

REFRは、希少種の登録を専門的に行う団体です。

TDCA(The Dwarf Cat Association)

TDCAは、小型種の登録を専門的に行う団体です。

WCF(World Cat Federation)

WCFは、ドイツの猫血統登録団体です。

ACA(American Cat Association)

ACAは、アメリカの猫血統登録団体です。

CATZinc(New Zealand Cat Registry)

CATZincは、ニュージーランドの猫血統登録団体です。

NZCF(New Zealand Cat Fancy Inc)

NZCFは、ニュージーランドの猫血統登録団体です。

UFO(United Feline Organization)

UFOは、アメリカの猫血統登録団体です。

CAA(Cat Aficionado Association)

CAAは、中国の猫血統登録団体です。

ACFA(American Cat Fanciers Association)

ACFAは、アメリカの猫血統登録団体です。

CCA(Canadian Cat Association)

CCAは、カナダの猫血統登録団体です。

ICFA RUI(The International Cat Fanciers' Association Rolandus Union International)

ICFA RUIは、ウクライナの猫血統登録団体です。

ICFA WCA(The International Cat Fanciers' Association World Cat Association)

ICFA WCAは、ロシアの猫血統登録団体です。

CFF(Cat Fanciers Federation)

CFFは、アメリカの猫血統登録団体です。

猫の血統書があることのメリット

スノーシュー

 純血種であることの証明

血統書は、純血種としての標準規定を満たしていなければ発行されないため、純血種であることの証明になります。残念なことに、世の中には悪質なブリーダーやペットショップが存在し、純血種だと偽って高額で猫を販売する人もいますので、血統書が付いていることは大きなメリットとなります。

 キャットショーに参加することが出来る

様々な猫の団体が行っているキャットショーの参加条件の中には「血統書を持っている」というものがあります。ご自分の愛猫をキャットショーに参加させたいと考えている方には、血統書は必ず必要なものになります。近年では、純血種だけではなく何らかの基準を作った中で順位を競うカテゴリもあるようです。

 ブリーダーとなって繁殖させる

血統書の無い猫は、他の猫種の血が混ざっているかもしれません。ブリーダーにとって猫を繁殖させる際には、その猫種の基準を満たした子猫を出生させることが重要になるため、血統書で純血種であることを認められた猫同士を繁殖させることが基本となります。

猫の血統書に記載されている内容

猫の血統書は全てローマ字で表記されています。

 猫の情報

Name of Cat

猫の名前

Date of Birth

猫の生年月日

Breed

猫の種類

Color

猫の毛色

Eye Color

猫の目の色

Sex

猫の性別

Breeder

繁殖者(ブリーダー)

Owner

所有者(オーナー):この欄は空欄であったり、繁殖者が入っていることもあります。ご家庭で家族の一員としてお迎えするだけの場合は名前の変更をする必要はありません。名前の変更をしなかったために、ある日突然取り上げられるといったこともありません。ただし、猫をキャットショーに出したいと考えているいる方や、ブリーダーとして猫を繁殖する予定の方は変更した方がいいです。名義変更し所有者になると、登録している血統書の団体に入会したり、会費を支払う必要があります。

 血統情報

Parents

両親猫の情報

Sire

父猫

Dam

母猫

Grandparents

祖父母猫の情報

G.Sire

祖父猫

G.Dam

祖母猫

Great Grandparents

曾祖父母猫の情報

G.G.Sire

曾祖父猫

G.G.Dam

曾祖母猫

 登録に関する情報

Number

その登録団体における登録番号

Date

その登録団体における登録日

Group name

団体名

猫の血統書に記載されている赤字の意味

血統書の中には、赤字でアルファベットが書かれている場合があります。このアルファベットはその猫(両親、祖父母、曾祖父母)がキャットショーで獲得した成績が書かれています。

 タイトル

GC(Grand Championship)

グランドチャンピオン:チャンピオンクラスで同じチャンピオン200頭に勝った

CH(Championship)

チャンピオン:オープンクラスで6本のウィナースリボンを獲得した

GP(Grand Premium)

グランドプレミア:プレミアクラスで75頭のプレミアに勝った

PR(Premium)

プレミア:避妊去勢のクラスで、6本のウィナースリボンを獲得した

NW(National Winner)

ナショナルウィナー:米国を中心に、年間ランキングに入賞した

RW(Rejional Winner)

リジョナルウィナー:日本を含め、各地域の年間ランキングに入賞した

DM(Distinguished Merit)

ディスティングウィッシュドメリット:オス猫であれば15匹のグランドチャンピオン、メス猫であれば5匹のグランドチャンピオンを生んだ猫に与えられる称号で、この称号は猫の名前の後ろに書かれます

猫の血統書は子猫を購入後すぐにもらえるのか

ベンガル

猫の血統書の受け取りは、購入したブリーダーやペットショップ、売買契約書内容によって違います。多くの場合は血統登録が済んでおり購入後1~2ヶ月ほどで手元に届きます。購入時に血統登録が済んでいない場合は、登録が済み次第届きます。ブリーダー直販に多いのが、売買契約の中に去勢や避妊手術をすることが条件となっていることがあり、この場合は去勢や避妊の手術後に手術を証明する書類を提示した後に届きます。購入先によって違いますので、受け取り時期について気になる方は購入する際に確認してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。血統書はその猫の出自を証明するものであって、その猫が血統書の無い猫よりも優秀であることを証明するものではありません。我が家にやってきた猫であれば血統書があっても無くても同じ家族の一員です。血統書の有無に関わらず、変わらぬ愛情を注いで愛猫との素敵な日々を過ごしてくださいね。

© 2021 ねこ日和