猫について

猫の血液型について

猫には、人間と同じように血液型があります。猫の血液型を知っておくことでメリットとなることや性格の違いはあるのでしょうか?
今回は猫の血液型についてまとめました。
寝ている猫
目次

猫の血液型の種類

猫の血液型には、A型、B型、AB型があります。人の血液型で多いO型というのは猫にはありません。猫の血液型は、両親から1本ずつ受け継ぐ「血液型遺伝子」の組み合わせによって決定します。この3種類の遺伝子には優先順位があり、「A型遺伝子>AB型遺伝子>B型遺伝子」となっています。

 A型の猫

両親の血液型遺伝子が、
・「A型遺伝子」+「A型遺伝子」
・「A型遺伝子」+「B型遺伝子」
・「A型遺伝子」+「AB型遺伝子」
の場合、子猫はA型になります。A型遺伝子が優先されるため、猫の血液型はA型が最も多く、国内では全体の90%を占めると言われています。

 AB型の猫

両親の血液型遺伝子が、
・「AB型遺伝子」+「B型遺伝子」
・「AB型遺伝子」+「AB型遺伝子」
の場合、子猫はAB型になります。ほとんどの猫の血液型がA型のため、稀にしかない血液型で国内では全体の1%程度の割合です。猫のAB型は、人の場合とは違いA型遺伝子とB型遺伝子を受け継いでいるのではなく、AB型遺伝子自体が独立して発現すると考えられています。過去の調査により、「A型遺伝子」+「AB型遺伝子」の場合でも「AB型遺伝子」が発現する場合があるという結果が確認されていますので、全く別の遺伝子が関わっている可能性も否定できないと言われています。

 B型の猫

両親の血液型遺伝子が、
・「B型遺伝子」+「B型遺伝子」
の場合のみ、子猫はB型になります。最も優先順位が低い血液型遺伝子のため個体数は少数で国内では全体の9%程度ですが、個体数の割合が多い猫種があります。

拒絶反応について

輸血の際に、間違って違う血液型の輸血をしてしまうと副作用が発生しますが、これが拒絶反応です。血液には赤血球(赤い円盤状の細胞)中に自身の型の「抗原」と、血漿(けっしょう:淡黄色の液体)中に他の抗原に対して異物と認識する「抗体」を持ちます。詳細は解明されていませんが、同じ血液型同士でも拒絶反応が起こることがあり、他の抗原が関係していることが判明しているため、輸血の際には血液型のチェックの他に「交差試験」が行われることになっています。

 A型の血液

赤血球中に「A抗原」があり、血漿中に「低度のB抗体」があります。輸血の際には、同じ血液型を輸血するのが基本ですが、B型の血液が必要でも割合が少ないB型の血液が用意できない場合は、副作用が軽度のためB型の猫にA型の血液を輸血することは可能です。(可能ではありますが、軽度とはいえ副作用がありますので基本的にはしません)

 B型の血液

赤血球中に「B抗原」があり、血漿中に「高度のA抗体」があります。A型やAB型の猫に間違ってB型の血液を輸血した場合、強い拒絶反応を起こし「溶血」という赤血球を破壊してしまう重篤な症状を引き起こします。

 AB型の血液

赤血球中に「A抗原」と「B抗原」があり、血漿中に抗体はありません。一見、抗体が無いなら輸血出来るのでは?と思いそうですが、輸血する側の血液の抗体がAB型の抗原を異物を認識し攻撃してしまうため、やはり同じ血液型からしか輸血は出来ません。緊急時で希少なAB型の血液がどうしても用意できない場合は、A型の血液を輸血することは可能です。(軽度の副作用を伴う場合があります)

猫の血液型を知っておくことのメリット

 輸血が必要な時にすぐ対応できる

猫の血液型を知っておくことで一番のメリットは、病気や事故、出産などで輸血が必要になった時にすぐに対応できることです。特に事故など緊急性が伴う場合は、血液型を特定するまでの時間を短縮することが出来、素早く処置することで亡くなる可能性が低くなります。

 他のペットを助けることが出来る

日本国内において、猫の大規模な血液バンクは現在のところ存在しません。猫の血液は長期間の保存には向いていないとされており、動物病院で行う輸血は病院で飼っている猫や、動物病院にドナーとして登録している猫から血を分けてもらうことで可能になります。猫の血液型を調べドナー登録をすることで、他のペットに血液が必要となった時に助けることが出来ます。

 新生子溶血の防止

B型の母猫の初乳をA型の子猫が飲むことで起こる病気です。初乳には血液と同じように自分以外の抗原に対する抗体が含まれています。そのため、B型の母猫の初乳に含まれる「A抗体」がA型の子猫の赤血球に含まれる抗原を攻撃して破壊してしまい、溶血性黄疸を起こしてしまうのが「新生子溶血」で、生まれたばかりは元気であっても初乳を飲んですぐに死亡することがあります。これを防ぐのは、母猫の初乳を子猫に飲ませないことですが、母猫から生まれたばかりの子猫を引き離すことになり、猫も飼い主もつらい思いをすることになります。ちなみに、A型の母猫の初乳をB型の子猫が飲んでもこの症状は起きないと言われています。

猫の血液型を調べる方法

多くの動物病院で血液検査をすることが出来ます。猫の飼い始めの頃は病院に行く機会が多く費用は5千円~1万円ほどのため、気になる方はその時に調べてみるといいかもしれません。

 血液型簡易判定キット

その場ですぐに診断出来ます。抗A抗体が塗り付けてある「A型」部分、抗B抗体が塗り付けてある「B型」部分各々に血液を1滴ずつ垂らして凝集反応(血液がくっついて固まる現象)を確認します。A型部分のみ凝集した場合はA型、B型部分のみ凝集した場合はB型、両方凝集した場合はAB型となります。ただし、猫が病気の時は、正確な結果が出ないことがあるようです。

 検査機関で調べてもらう

動物病院で採血した血液を専門の検査機関に送り調べてもらいます。詳細がわかりますが、1~2週間ほどかかるようです。

血液型による性格の違いと猫種による血液型の割合

人の場合、A型は几帳面であるとかB型はマイペースであるとか、何となくですが血液型によってイメージがあります。猫の場合は、結論から言ってしまえば血液型によって性格の違いはありません。もしかしたら多少はあるのかもしれませんが、血液型よりも猫種によるもともと備わっている性格や、何より環境による影響が大きいため、違いがあったとしても僅かしかないと言った方が正確かもしれません。また、猫の血液型は国内ではA型が全体の90%を占めているため、血液型が同じ猫が全て同じ性格ならば、日本中のほとんどの猫が同じ性格ということになってしまい、流石に無理があるように思います。
血液型は、猫種によっては全体の割合と違うものがあります。突然変異を持った少数の猫から個体数を増やしたことが主な要因のようです。

 B型が10%未満

アメリカンショートヘア

アメリカン
ショートヘア

※ほぼ100%A型

オシキャット

オシキャット

オリエンタル

オリエンタル

シールポイント

サイアミーズ(シャム)

トンキニーズ

トンキニーズ

ソリッド

ノルウェージャンフォレストキャット

ベンガル

ベンガル

※AB型の割合が他猫種より多い

キャリコ

メインクーン

ロシアンブルー

ロシアンブルー

※ほぼ100%A型

 B型が10~25%未満

アビシニアン

※AB型の割合が他猫種より多い

スコティッシュフォールド

スコティッシュ
フォールド

※AB型の割合が他猫種より多い

スフィンクス

スフィンクス

※AB型の割合が他猫種より多い

ソマリ

ソマリ

バーマン

バーマン

バーミーズ

バーミーズ

ヒマラヤン

ヒマラヤン

ペルシャ

ペルシャ

 B型が25%以上

エキゾチックショートヘア

エキゾチック
ショートヘア

コーニッシュレックス

コーニッシュ
レックス

約50%がB型

ターキッシュ
アンゴラ

ターキッシュバン

ターキッシュバン

デボンレックス

デボンレックス

※約50%がB型

ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュ
ショートヘア

※約50%がB型

ラグドール

ラグドール

輸血する血液の確保

日本国内において、猫のための大規模な血液バンクはありません。そのため、現状では血液が必要な場合は下記の様な方法から血液を確保し輸血を行っています。

 供血猫(きょうけつねこ)を飼育する

健康状態の優れた6歳くらいまでの猫を供血猫として飼育し、輸血の血液を確保します。しかし、猫の身体は小さく十分な血液を確保するには複数飼育する必要があるため、大学付属の動物病院や大きな動物病院では対応出来ますが、小さな動物病院では血液を確保できないため輸血自体行っていないところもあります。

 動物病院同士で助け合う

小さな動物病院など、緊急時には相互に助け合っているところもあるようです。

 供血猫としてドナーを募る

動物病院に通う飼い主にドナー登録を依頼したり、HPやSNSなどでドナーを募ったりしている動物病院もあります。しかし、血液を提供するには下記の様な基準があり、提供したくても出来ない場合もあります。詳細については、提供したい動物病院にご確認をお願いいたします。

・年齢は1~8歳
・体重は4㎏以上
・感染症や寄生虫症にかかっていない
・持病が無い
・特殊な薬物療法を受けていない
・毎年ワクチンを接種している(最後の接種が10日以上前)
・完全室内飼い
・妊娠していない
・血液中赤血球の容積が35%以上
・採血時に大人しくしていられる

動物病院によっては、供血猫として血液を提供した場合、健康診断を無料にするなどの特典をつけているようです。しかし、献血した後は猫が一時的に貧血になるため鎮静剤が必要になったり、潜在的な病気を引き起こす原因となる場合もありますので、よく考えたうえで決断してください。

血液の交差試験について

猫の輸血をする際には、同じ血液型であることの他に重大な副作用を起こさないかを確認する交差試験(クロスマッチテスト)が行われます。これは、双方同じ血液型であっても拒絶反応が起こってしまうことがあり、新たな抗原が関係していることが考えられているためです。
試験は赤血球と血漿を分離し、各々輸血される側の赤血球と輸血する側の血漿、輸血する側の赤血球と輸血される側の血漿を交互に混ぜ合わせ凝集反応を見る試験です。
結果が出るまでは2時間ほどかかり、この試験によって血液が適合することが判明するとドナー猫として認められ、供血することになります。

まとめ

猫の血液型には「A型」「B型」「AB型」の3種類があり、血液型によって性格は決まっていません。出産を考えている飼い主さんや、将来愛猫が病気になったり事故に遭ったりした時のために、前もって血液型を確認しておくことは大切ですが、輸血については日本国内では大規模な猫血液バンクが無く、血液の確保が難しいため大きな動物病院でなければ十分に対応出来ないのが現状です。近年、猫の人工血液合成に成功したと言われていますが、実用化はまだ先になる見通しのようです。人工血液が実用化されれば、ドナーとなる猫の負担を減らすことが出来、小さな動物病院でも輸血が可能になりますので実用化されるのが待ち遠しいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和