猫の病気

猫のアミロイドーシス

アビシニアン 猫のアミロイドーシスとは、「アミロイド」という水に溶けない性質を持ったタンパク質が、全身の様々な細胞と細胞の間に沈着して組織や器官の働きを妨げてしまう病気です。
今回は、猫のアミロイドーシスについてまとめてみました。
目次

猫のアミロイドーシスについて

猫のアミロイドーシスは、発症する確率や死亡率はそれほど高くありません。
原因となる「アミロイド」は、ほとんどが炎症を起こした時に生じた「サイトカイン」と呼ばれるタンパク質が肝臓に作用することで作られる「血清アミロイドAタンパク」が主成分で、慢性的な炎症や感染症、腫瘍、ウイルス疾患などによって発生し血液中に放出されます。
通常であれば身体に危害を与えることはないのですが、放出されたアミロイドの量が多かったり、遺伝的にアミロイドが沈着しやすい体質の場合はアミロイドーシスを発症します。
猫のアミロイドーシスは、以下に分類されます。

 全身性アミロイドーシス

免疫細胞性で、病気や腫瘍が原因となって発症します。

 反応性アミロイドーシス

細菌やウイルス、感染症による慢性炎症に伴って発症します。

 家族性アミロイドーシス

遺伝的に発症しやすい猫種がいます。

 限局性アミロイドーシス

甲状腺や膵臓、脾臓など特定の臓器にアミロイドが沈着したことで発症します。

猫がアミロイドーシスになった時の症状

一般的によくあるタイプの猫のアミロイドーシスは、腎臓に沈着するタイプの腎アミロイドーシスと肝臓に沈着するタイプの肝アミロイドーシスが多く、膵臓や甲状腺に沈着するタイプも稀に見られます。

 腎アミロイドーシス

腎アミロイドーシスの症状

慢性腎不全の症状に似ています。
・多飲多尿
・体重減少
・嘔吐
・元気消失

ネフローゼ症候群(腎臓の糸球体の炎症の一種)の症状

・お腹が膨らむ
・浮腫

 肝アミロイドーシス

・黄疸(白目が黄色くなったり、皮膚が黄色く見えたりする)
・口や舌の色が白くなる
肝臓出血により貧血を起こした状態です。

 その他

「アミロイド」が脾臓に付着した場合は糖尿病を発症することがあります。

関連記事

猫のアミロイドーシスの原因

 遺伝

アビシニアン、オリエンタルショートヘア、サイアミーズ(シャム)はアミロイドーシスの発症が多い猫種とされています。
一般的に発症する年齢は7歳頃が多いですが、特に発症が多いとされているアビシニアンについては1歳未満で発症するケースもみられるようです。

 慢性炎症

寄生虫、細菌、ウイルス、腫瘍が原因となって慢性的な炎症が見られると、細胞から分泌するタンパク質の一種である「サイトカイン」が増加し、肝臓からのアミロイド分泌が促進されることによってアミロイドーシスを発症します。

関連記事

猫がアミロイドーシスにならないための対策

遺伝によるアミロイドーシスの予防策はありませんが、慢性炎症の原因となっている病気の治療を行うことでアミロイドーシスの発症を予防することはできます。

 混合ワクチンの接種

定期的に混合ワクチンの接種を行うことで原因となる感染症を予防できます。

 寄生虫予防薬を塗布する

寄生虫予防薬を塗布することで寄生虫による炎症を防ぐことができます。

 基礎疾患の治療

上記の他、原因となりうる病気があれば優先的に治療しましょう。

猫のアミロイドーシスの治療

猫のアミロイドーシスを完治する治療法はまだ見つかっていません。
治療については、動物病院によって様々です。
詳しくはかかりつけの動物病院でご確認をお願いいたします。

 投薬治療

「ジメチルスルフォキサイト」は、通常であれば水に溶けない「アミロイド」を水に溶けるように変質させて組織の炎症を減らすと言われています。
「コルヒチン」は、アミロイドの分泌と沈着を遅らせることが出来ると言われています。
しかしどちらの薬剤も、沈着してしまった「アミロイド」を取り除くことは出来ません。

 対症療法

慢性腎不全、ネフローゼ症候群、代謝性アシドーシスなど、アミロイドの沈着によって引き起こされた二次疾患の治療を行います。
慢性腎不全で腎臓の機能が悪化すると高血圧になってしまう可能性があるため、血圧を安定させる薬の投与を行ったり、ネフローゼ症候群によって腹水が溜まっている場合は、お腹に針を刺して水を抜いたりします。

まとめ

猫のアミロイドーシスは、完治する治療法がなく細胞間に沈着してしまった「アミロイド」を取り除くことも出来ないため、日頃からよく猫の様子を観察し慢性腎不全に似た症状が見られた場合は、出来るだけ早く動物病院に連れて行ってください。
また、定期的に混合ワクチンの接種や寄生虫予防薬の塗布をし、アミロイドーシスの原因となりえる慢性炎症にならないように日頃から注意してくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。