猫の病気

猫のウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)

猫 猫のウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)とは、猫のヘルペスウイルスが原因で起こる猫風邪の1種です。
今回は、猫のウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)についてまとめてみました。
目次

猫のウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)について

猫のウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)は、寒く乾燥する冬季に猫ヘルペスウイルスによって感染する病気で、体温の低い目、鼻、口などに症状が出ます。猫カリシウイルス感染症と混合感染することが多く、併発した場合は「ウイルス性呼吸器感染症」と呼ぶこともあります。
猫のウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)は、一度感染すると生涯体内に潜伏するキャリアとなり、免疫力の低い老猫や子猫がかかりやすく、症状が重い場合には死に至ることもあります。

関連記事

猫がウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)になった時の症状

猫のウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)は、1~5日程の潜伏期間がありその後発症します。成猫の場合は、2~3週間ほどで自然回復することもあります。

 流涙、目ヤニ、角膜炎、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

目の症状が悪化すると、角膜炎になりさらに進行すると角膜潰瘍になることもあります。また、流涙や目ヤニが増え鼻や顔にヘルペス性皮膚炎を発症する場合もあります。

 口内炎、唾液の過剰分泌

猫カリシウイルス感染症を併発すると、口内炎の症状がひどくなり涎が出たり口臭がきつくなったりします。

 くしゃみ、せき、発熱、食欲低下

人間の風邪によく似た症状が出て、さらに食欲低下や下痢などの症状が出ると急激な衰弱や脱水症状が起こることがあります。生後6ヶ月未満の子猫などは、病気の進行が早く死に至る確率も高くなります。

関連記事

猫のウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)の原因

 飛沫感染

多頭飼いの場合、ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)に感染した猫のくしゃみによって感染が広がっていきます。

 接触感染

ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)に感染した猫が他の猫にグルーミングしたり、同じ食器でご飯を食べたり、トイレの共有でも感染します。また、飼い主が感染猫を触った手で他の猫に触ったり、着ている洋服にウイルスが付着していて感染する場合もあります。

 免疫力の低下

一度ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)に感染した猫は、生涯ウイルスを体内に持つキャリア猫になります。ストレスなど何らかの原因で免疫力が低下した場合に、他の猫から感染しなくても発症する場合もあります。

猫がウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)にならないための対策

 混合ワクチンの接種

「三種混合ワクチン」は、ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)、カリシウイルス感染症、パルボウイルス感染症に対応したものです。体内に抗体を作ることにより、ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)に感染しても症状が重くならずに済みます。
一度感染してしまった場合はキャリア猫となってしまうため、定期的なワクチン接種が望ましいです。

 手洗いや消毒の徹底

ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)は感染力が強いため、飼い主が手や衣服にウイルスを付着させたまま感染させてしまうケースもあります。
一見症状が無いように見えてもキャリア猫である可能性もあるため、感染猫や野良猫に触れた場合は手洗いや衣服を着替えるなどの対応をするようにしましょう。また、感染猫がいる場合は、使用した食器や便器などは塩素系漂白剤の消毒が必要です。

 ストレスを与えない

ストレスはどんな病気の原因にもなりますので、原因を把握しストレスを与えないように心掛けましょう。

猫のウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)の治療

治療については、症状や動物病院によって様々です。
詳しくはかかりつけの動物病院でご確認をお願いいたします。

 対症療法

ヘルペスウイルスを直接攻撃して根絶する特効薬はないため、基本的には現れた症状に対する対症療法をすることになります。鼻水や目ヤニの症状の悪化を防ぐために抗生物質を処方したり、免疫力を高めるためにインターフェロンが処方されることもあります。
飼い主が出来ることは、鼻水や涎、涙をティッシュペーパーやガーゼで小まめに拭き取ってあげたり、寒さや乾燥を防ぐために温度調節や加湿器などを使用したり、水分と栄養補給に気を付けることです。

 投薬治療

猫ヘルペスウイルスの増殖を防ぐ抗ウイルス薬の投与や、リンパ球性形質細胞性口内炎の場合はコルチコイドを投与したりします。

まとめ

猫のウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)は、一度かかってしまうと一生付き合っていかなければなりません。混合ワクチンの定期的な接種やストレスを与えないなど、飼い主が出来ることは普段から行うように心掛けましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和