猫の種類

フォールデックスについて

フォールデックスは、人気の猫同士を交配して誕生した猫種です。
フォールデックスについてもっと詳しく見ていきましょう。

♦基本情報♦

原産国:カナダ

ボディタイプ:コビータイプ

被毛のタイプ:短毛種・長毛種

体重:2.3~4㎏

寿命:10~13年

公認団体:CCA

フォールデックス
目次

フォールデックスの歴史

フォールデックスの歴史
フォールデックスは、2006年にカナダの猫種公認団体であるCCA(Canadian Cat Association)に登録されたまだ歴史の浅い猫種です。
フォールデックスは、「人気の猫種同士を組み合わせた猫を作る」という目的で「エキゾチックショートヘア」と「スコティッシュフォールド」を交配することで誕生しました。エキゾチックショートヘアの特徴である鼻のつぶれたような顔とスコティッシュフォールドの特徴である折れ耳を持つ猫はなかなか生まれず、何度も試行錯誤を繰り返して現在の理想的な猫が生まれたという歴史的背景がありますが、1993年にキャットショーで発表されてからその「ブサかわ」な見た目が人気となり、原産国であるカナダやアメリカだけではなく、日本をはじめとする世界各国で飼われ愛される猫になりました。別名で「エキゾチックフォールド」や「エクソフォールド」と呼ばれることもあります。

関連記事

フォールデックスの特徴

フォールデックスの特徴
フォールデックスの身体は、四肢が短めで骨太で猪首の筋肉質でずんぐりむっくりなコビータイプの体型です。エキゾチックショートヘアの鼻が潰れたような顔とスコティッシュフォールドの折れ耳を併せ持っていることが特徴で、その個性的な見た目が可愛いと魅了される人が多いようです。

フォールデックスの性格

フォールデックスの性格

 甘えん坊で寂しがり屋

フォールデックスは社交的な性格のため、飼い主だけではなく他の人にも可愛がられたり褒められたりするのが好きです。その反面、とても寂しがり屋で構ってもらえないと拗ねたりストレスを抱えたりしてしまうことがあります。

 活発で運動好き

フォールデックスは、非常に活発に動き回ります。「じっとしているところを見たことが無い」という飼い主さんもいるようです。好奇心旺盛で、いろいろなものや人に興味をもって近寄っていきます。

フォールデックスの被毛や目の色

フォールデックスの被毛や目の色
フォールデックスの被毛は短毛も長毛もあります。短毛であれば1週間に1、2回ほど、長毛であれば1日に1回のブラッシングで十分です。抜け毛が多めで飼い主に構って欲しい性格のため、スキンシップを兼ねて丁寧にブラッシングしてあげましょう。カラーやパターンには規定が無く、あらゆるカラーやパターンが認められています。
目の色も被毛の色に準じて様々です。

関連記事

フォールデックスのかかりやすい病気

フォールデックスのかかりやすい病気

 骨軟骨異形成症

先天的な要因によって骨が十分に成長しない病気のことです。

 短頭種気道症候群

短頭種の猫が顔の構造上かかりやすい先天的な呼吸器の病気です。

 白内障

目の奥にある透明な水晶体の一部もしくは全部が白く濁ってしまい、視力が低下する病気です。

 流涙症

涙小管や鼻涙管など、涙を鼻の奥へ排出する管が狭くなっていたり詰まっていたりすることで目頭から涙があふれてしまう病気です。

 外耳炎

耳の穴から鼓膜までの間の外耳に炎症が起こる病気です。

 尿路結石症(尿石症)

腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結石や結晶が出来、傷つけたり詰まったりすることで血尿が出たり、膀胱炎を引き起こしてしまう病気です。

関連記事

フォールデックスを飼うのに気をつけること

フォールデックス

 ストレスに気を付ける

フォールデックスは、飼い主のことが大好きで甘えん坊な性格をしています。外出しがちなご家庭では多頭飼いを検討したり、構造上目や耳の病気になりやすい傾向があるため、小まめにお手入れしてあげスキンシップをなるべくとるようにしましょう。

 室内環境

フォールデックスは、とても活発でじっとしていることが無いほど運動が好きな猫種です。自由に遊べる空間とキャットタワーを用意してあげましょう。また、いろいろなものに興味を示すため、間違って誤飲をしてしまわないように不要な物は片付けるように心掛けましょう。

フォールデックスの動画

フォールデックスの魅力を言葉だけではなく、映像で紹介します。音声は無く、文字は英語ですが、映像だけでも楽しめると思います。


引用元:Foldex - medium body, short neck

まとめ

フォールデックスは、日本では認知度がまた低いため取り扱っているペットショップやブリーダーはいないようですが、ブリティッシュショートヘアもスコティッシュフォールドもとても人気がある猫種でブリーダーが多いため、この可愛らしい外見の猫がたくさんの人に知られるようになったら、日本でも入手出来るようになるかも知れませんね。

© 2021 ねこ日和