猫について

猫が喜ぶ部屋とは

猫が走り回れる広さがあって猫が好きな高い場所があって、出来れば猫専用の部屋があってといくら高望みしても、全ての方がそういった家で猫と一緒に暮らせるわけではありません。しかし、猫は自分自身で気持ちの良い場所を見つけることが得意な動物なので、工夫次第で猫が喜ぶ部屋を作ることが出来ます。この記事では、猫の喜ぶ部屋作りについてまとめてみました。
猫が喜ぶ部屋とは
目次

猫が喜ぶ場所を作る

猫が喜ぶ場所

 高い場所

猫は高い場所を好みます。周りの状況を把握しやすかったり、自分の立場を優位に見せるためだったり、誰にも邪魔されずにくつろげるためなど理由はいろいろあると言われています。現在では様々なタイプのキャットタワーが市販されていますので、部屋の中にキャットタワーを設置するスペースがある場合は、爪とぎがついていたりハンモックなどがあるものを選ぶとより猫は喜びます。設置するスペースが無い場合は、箪笥や本棚の上に登れるように家具などを使って動線を作ってあげると猫は器用にそれを使って箪笥や本棚の上に登りますので、そこが猫にとってくつろげる空間になるでしょう。上下運動することは運動不足の解消にもなります。

 陽の当たる場所

もし、1日のうち数時間でも陽の当たる場所があれば、そこで猫がくつろげる空間を作ってあげましょう。猫が入れるような空き箱などを置いておけば、猫は喜んで入るでしょう。猫は好奇心旺盛な動物ですので、外の景色が見られる場合は長時間そこで過ごすこともあります。窓やベランダの場合は、猫が外に出てしまわないような脱走対策もしっかりするように注意しましょう。

 過ごしやすい快適な温度

猫には暑さに弱い長毛やダブルコートの品種、寒さに弱い短毛やシングルコートの品種があります。夏季は熱中症にならないようにエアコンをつけたり、陽が当たらないひんやりした暑さを凌げる場所を作ってあげ、冬季には風邪を引かないようにペット用のホットカーペットを用意するなどして、寒さを凌げる場所を作ってあげましょう。

 一匹で過ごせる場所

猫の性格にも寄りますが、時には一匹で過ごしたいと思う時もあります。部屋の隅に市販の物でもいいですし、ダンボールで作ったものでもいいので猫が一匹でくつろげるようなスペースを用意してあげましょう。そのような場所が無い場合は、ベットやソファーの下を利用してもいいかもしれません。ただし、ご飯も食べず長時間そのような場所で過ごしている場合は具合が悪い可能性がありますので、猫の様子をしっかり観察して必要であれば動物病院に連れて行ってあげましょう。

関連記事

猫が喜ぶ部屋のために飼い主が出来ること

猫が喜ぶ部屋のために飼い主が出来ること
猫が喜ぶ部屋を作るために、猫がストレスなくゆったりとくつろげる場所を作る他に飼い主が出来ることは何でしょうか。

 トイレは常に清潔に保つ

猫はとても綺麗好きです。トイレが汚れている場合は排泄を我慢したり、トイレ以外の場所で粗相をすることもありますので、気付いた時にトイレはいつも掃除するようにしましょう。仕事などで外出する時間が長い場合は、猫の頭数よりもトイレの数を1つ多く設置しいつでも綺麗なトイレを使えるようにしましょう。

 余計な物は置かず収納するようにする

猫は好奇心旺盛でいろいろなものに興味を示したり、飼い主に対して何か要求がある時には気を引くために飾ってある物を落としたり悪戯したりすることがあります。物を飾る時は扉の閉まる戸棚の中など猫がいたずら出来ない場所に飾り、不必要なものはなるべく収納するようにしましょう。特に小さな物は誤飲する危険がありますので、必ず片付けるように気を付けましょう。観葉植物についても猫にとって害になる物がありますので、どうしても緑が欲しい場合はイミテーション(模造品)などを置くようにしましょう。

 爪とぎスペースを設ける

猫は爪をいつも鋭い状態にしておくためや足の裏から臭いを出し自分の縄張りだと主張するマーキングのために爪とぎをします。これは、定期的に爪切りをしている猫でも行います。爪とぎ出来る場所がいくつかあれば、家具やソファを痛めることが少なくなります。爪とぎは中に猫が入れるようなものや上に猫が座れるようになっているもの、縦型のものなどいろいろな種類があります。キャットタワーに爪とぎとして麻紐を巻き付けた柱が組み込まれている物などもありますので、猫が好むものをいくつか設けてあげましょう。

関連記事

まとめ

いかがでしたでしょうか。猫が喜ぶ部屋とは、必ずしも大きくて広いものでなくてはならないわけではなく、猫が好む場所をいくつか設け猫が使用するものをいつも綺麗にしておくことが大切です。近年ではDIYでいろいろな猫用のものを作り、動画などで制作の様子を紹介しているものもたくさんありますので、ご自分で作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

© 2021 ねこ日和