猫について

猫の脱走を防止するには

近年では猫は不慮の事故や感染症にかかるリスクを避けるため完全室内飼いを推奨されていますが、もともと野良猫だった子や好奇心旺盛な子は飼い主の隙をついて脱走してしまうことがあるようです。この記事では、猫の脱走防止ついてまとめてみました。
猫の脱走を防止するには
目次

猫が脱走しやすい場所

猫が脱走しやすい場所

 玄関

猫の脱走する場所で多いのはやはり玄関です。いつもは猫が逃げないように用心していても、飼い主が帰宅した時、来客や宅配便が来た時など飼い主の一瞬の隙をついて脱走することが多いようです。

 窓

猫は窓から脱走することも多いようです。窓はどうしても換気する時に開けることが多いため、網戸を破られたり窓や網戸を猫自身が開けて脱走することもあるようです。部屋の窓にはしっかり脱走防止対策をしていても、トイレやお風呂場の窓から脱走することもあります。

 ベランダ

窓と同じようにベランダも換気のためや洗濯ものを干すために開けたりすることが多いため、いつもはしているストッパーを外している間に猫自身が窓や網戸を開けて脱走することがあるようです。

どんな猫が脱走しやすいのか

どんな猫が脱走しやすいのか

 保護猫や元野良猫

一度でも外で暮らした経験のある猫は、生まれた時から室内飼いの猫に比べると脱走しようとするようです。猫は好奇心旺盛な動物なので、外での刺激を覚えていると退屈な室内を飛び出したい要求が大きいようです。生後間もない子猫時代に保護された場合でも脱走したがる傾向が強いようです。

 去勢や避妊をしていない猫

猫は発情期がくると相手を求めて外に出たがります。特にオスは縄張り意識が強いため脱走する要求が大きくなるようです。

 ストレスを抱えている猫

飼い主が外出しがちで全然遊んでくれなかったり、相性の合わない猫と一緒に暮らしているなどストレスを抱えている猫は脱走したい要求が大きいようです。

 外に影響を受けやすい環境にいる猫

一軒家やマンションでも1階に住んでいて、庭などに虫や野良猫がよく遊びに来るのが見える環境にいる猫は外に興味が湧きやすく、脱走したい要求が大きくなるようです。

猫が脱走した時のために

猫が脱走した時のために

 首輪をする

どんな脱走防止対策をしても絶対に安全だということはありません。万が一外に出てしまっても、首輪をしていれば野良猫と思われず、保健所に連れて行かれる可能性はずっと低くなります。首輪に飼い主の連絡先を付けておくと、気付いた人が連絡をしてくれる可能性もあります。

 マイクロチップを埋め込む

首輪の場合は何かの拍子に外れることがあるため、最近ではマイクロチップを埋め込むことが推奨されているようです。脱走に限らず災害などで飼い主と逸れてしまった場合でも、保健所でマイクロチップの確認をしてくれますので、もし見た目が汚れたり痩せたりして違って見えたとしても飼い主の元に帰ってくる可能性が高くなります。異物を身体に埋め込むのは可哀そうと思う方もいるようですが、ごくごく小さく皮下に埋め込むものなので、猫にとっては皮下注射を打つのと変わらないとされています。動物病院で埋め込むことが出来るため、去勢や避妊手術の際にしてもらう方が多いようです。費用は数千~1万円程度ですが、病院によりますので埋め込みたいと思う方は最寄りの動物病院で確認してみてください。また、病院で説明はあるかと思いますが、マイクロチップを埋め込んだ後に登録用紙を日本獣医師会に送付しなければなりません。登録料も必要ですので忘れないように手続きを行いましょう。

猫の脱走を防止するグッズを取り入れる

猫の脱走を防止するグッズ

猫の脱走を防止するには、

・玄関とリビングの間にドアがある場合はそのドアが閉まっているのを確認してから玄関を開ける
・網戸を破られないようにペット用のものに張り替え、網戸の隙間に棒などを入れて猫が開けられないようにする

などがありますが、「猫は液体」と言われるように少しの隙間があれば、猫は私達の思いもよらない場所から脱走してしまう可能性があります。猫の脱走防止対策としてDIYが得意で自作する方もたくさんいらっしゃいますが、グッズもたくさん販売されています。玄関には扉やパーテーションなど、窓には網戸ロックやフェンスなど、ベランダにはバルコニーシェードやネットなどありますので、それらを取り入れるのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。猫は好奇心旺盛で外に興味深々でも、飼い主にとっては事故や感染症のリスクがありますので、脱走は防止したいところです。外で暮らす猫は完全室内飼いの猫に比べ寿命が10年近くも短いと言われていますので、大切な愛猫に長生きしてもらうためにも、自作したものや市販のグッズを取り入れて脱走防止対策を行いましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和