猫について

猫のいびきについて

人のいびきはうるさく感じても、愛猫のいびきは何故か可愛いと感じてしまうものです。しかし、可愛いとばかりも言っていられないケースもあるようです。この記事では、猫のいびきについてまとめました。
猫のいびき
目次

猫はどうしていびきをかくのか?

猫はどうしていびきをかくのか?

 普通のいびき

「クークー」や「プープー」といった猫のいびきは、鼻腔と呼ばれる鼻の内部が狭くなることによって起こります。

他に気になる症状が無く、人間のいびきに比べて高めで小さな音なら普通のいびきのため問題がないようです。

 アレルギーによるいびき

人と同じように、ハウスダストや花粉などによっていびきがひどくなることがあります。ハウスダストや花粉などアレルギーの原因となるものが、目や鼻の粘膜に付着し炎症を起こすことで鼻腔が狭くなっています。

花粉は完全室内飼いの猫であっても、飼い主が外出した時に持ち込むことが原因となることもあるため、小まめに掃除をしたり帰宅したらすぐに着替えたり手洗いをするなどの対策をしましょう。

アレルギーが原因の場合は、いびきの他にくしゃみや鼻水、目ヤニが増えるなどの症状が見られるため、重症化する前に動物病院に連れて行ってあげましょう。

 肥満によるいびき

人の場合と同じで、猫も肥満気味の方がいびきをかきやすいと言われています。脂肪が気道を圧迫することで空気の通り道が狭くなることが原因です。

肥満はいびきに限らず、いろいろな病気の原因となるためフードの量を調節したり運動する量を増やしたりして体重を管理してあげましょう。

 腫瘍によるいびき

鼻腔内の軌道に近い部分に腫瘍が出来た場合、気道を圧迫するためいびきをかくことがあります。

腫瘍が原因の場合は、いびきの他に体重減少や食欲不振といった症状が見られます。

 喉頭や気管の異常によるいびき

生まれつき喉や気管に異常がある場合にいびきをかきやすくなる傾向があります。

いびきをかきやすい猫種

いびきをかきやすい猫種

 いびきをかきやすい猫種

短頭種と呼ばれる猫種は、マズル(鼻先から口にかけての部分)の構造上いびきをかきやすい傾向があります。

エキゾチックショートヘア

エキゾチックショートヘア

ヒマラヤン

セルカークレックス

セルカークレックス

ペルシャ

ペルシャ

 短頭種がいびきをかきやすい原因

品種改良によって生まれた短頭種は、生まれつき下記のようなマズルの構造とそれが原因となる障害が見られ「短頭種気道症候群」と呼ばれています。

  • マズル(鼻先から口にかけての部分)が短くて狭い
  • 鼻の孔や鼻腔が狭い
  • 喉頭や気管に異常が起きやすい
関連記事

注意が必要ないびき

注意が必要ないびき

普通のいびきは高めの音ですが、病気によるいびきの場合は低く大きな「ゴーゴー」というようないびきをかきます。

病気の可能性がある場合は、他にもくしゃみ、鼻水、目ヤニ、起きている時にも呼吸に雑音が混じるなどの症状が見られますので、重症化しないうちに動物病院に連れて行ってあげましょう。

動物病院でしっかりとした検査をしなければ正確な病気はわかりませんが、以下のような病気の可能性が考えられます。

 猫風邪

猫風邪とは、猫ウイルス性鼻気管炎や猫カリシウイルス感染症、クラミジアといった病気の総称です。

 アレルギー性鼻炎

季節限定でいびきがひどくなる場合や、くしゃみや鼻水が長引く場合はアレルギーが原因によるものの可能性があります。

 副鼻腔炎

猫風邪による炎症が進行すると副鼻腔の奥にある空洞に炎症が起き、鼻づまりすることでいびきがひどくなることがあります。

 喉頭・気管の異常

軟口蓋過長(なんこうがいかちょう)

口腔内の硬口蓋(こうこうがい:口の中の天井部分の骨)の後方にある軟口蓋(なんこうがい:骨のないやわらかい場所)が通常よりも長いことにより、気道が狭くなる病気です。

喉頭虚脱(こうとうきょだつ)・気管虚脱

喉頭や気管は軟骨によってホースのような構造をしていますが、陰圧や外圧によって軟骨が変形することで気道が狭くなってしまう病気です。

 心筋症

心筋症は、呼吸自体苦しくなるためいびきをかくことがあります。

関連記事

まとめ

いかがでしたでしょうか。猫のいびきは普通のものであれば熟睡している証でもあるため、気持ち良さそうに寝ていて高めの小さな音であれば心配する必要はありません。

くしゃみや鼻水などの症状が出ていて、いびきの音が低く大きい音だったり、呼吸が不規則ないびきの場合は重篤な病気にかかっている可能性がありますので「ただのいびき」と思わず、すぐに動物病院に連れて行ってあげて下さいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和