猫について

猫の里親になる条件はどうして厳しいのか

当ブログを公開していることもあり、個人的に猫のニュースや投稿などをいろいろ読むのですが、先日「猫の里親になるために保護団体に行ったが条件がとても厳しく、これでは猫達を救えない」という内容の記事を読みました。この記事では、猫の里親になる条件はどうして厳しいのかについてまとめてみました。
猫の里親になる条件はどうして厳しいのか
目次

猫の里親の条件

猫の里親の条件
猫の里親の条件は、いろいろな自治体、NPO法人やボランティア団体により違いますが、条件としては以下の様なものがあり、猫を飼う上で必要だと思う条件からそこまでしないと条件をクリア出来ないのかと思うようなものまで様々です。

 猫の里親として断られる条件

  • 単身者(特に男性のみの場合)
  • 学生・未成年
  • 小さい子供がいる家庭
  • 介護が必要になりそうな年配者が同居している家庭
  • 家族の意見が一致していない
  • 未婚のカップル
  • 賃貸住宅
  • 飼育歴がない
  • 固定電話がない
  • 長時間留守にすることが多い

 提出を求められるもの・その他

  • 身分証明書の提出
  • 勤務先の確認(団体などによっては電話確認あり)
  • 家族全員の写真の提示、または直接顔合わせ
  • 世帯主の源泉徴収や貯金残高証明の提出
  • 定期的な自宅訪問(アポ有、アポなし)
  • 引き渡し後の定期的な成長の報告
  • 不妊手術やワクチン接種の証明提出

猫の里親になる条件はどうして厳しいのか

猫の里親になる条件はどうして厳しいのか
「上記の条件や提出物をすべてクリアしなければ里親と認めない」という団体はほぼ存在しないとは思いますが、それでもそのほとんどを条件としている団体が存在することも確かです。近年では個人情報保護法などの観点から、個人情報をここまで開示しなければ猫を飼うことが許されないことに嫌悪感を抱く方や、譲渡会などに行って活動団体の方の「お前は本当に里親になれるのか」という品定めをするかのような態度に憤慨する方もいるかもしれません。しかし、最初から条件がこれほど厳しいものではなかったのではないでしょうか。過去の様々な事件や出来事から徐々に現在のような厳しいものに変わっていったのではないでしょうか。

 虐待したり捨てる可能性がある

残念なことに、その時の気分によって気持ちが高揚して虐待したり、飼えなくなったからと簡単に捨てる人は少なからず一定数います。

 お小遣い稼ぎで里親を名乗る人がいる

残念なことに、里親になった後に別の里親を募集して金銭を要求する人や、動物実験のために転売する人、動画などで稼ぐために飼ったもののお世話などが面倒になったから捨てるという人も実際に存在するのです。

 最後まで面倒を見られない

最初のうちは構っていたけど、途中から面倒になったり飽きてお世話をしなくなったり、仕事や親の介護などでお世話出来なくなり結局また手離すことになる人もいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。里親を探す猫達は、様々な理由があって野良猫だったり飼い主が手放すことになった猫です。保護団体などの方達は、不幸な猫達が一匹でもなくなるよう考え里親の条件を厳しくしていることがほとんどです。条件がすべてクリア出来ていなくても、貴方が真剣に猫と暮らしたい、幸せにしたいという気持ちをアピールすれば認めてもらえるかもしれません。しかし、猫が好きな人をターゲットに人を集め、個人情報を聞き出そうとするような怪しい団体が無いとも言えませんので、団体職員を名乗る人が猫を乱暴に扱っているなどが見られた場合は里親にならない方がいい場合もあります。不幸な猫が一匹でも少なくなるような世の中になるといいですね。

© 2021 ねこ日和