猫について

猫にとって毒になる危険な植物と口にした時の症状

部屋のインテリアとして植物を置くことは、視覚的に癒されるものです。

しかし、猫にとって毒になる危険な植物は700種類以上もあると言われているため、猫を飼っているご家庭で植物を飾りたい場合は注意する必要があります。

この記事では、猫にとって危険な植物と誤って接触したり、口にした場合の症状についてまとめています。

危険な植物
出典:写真AC
目次

植物は「〇科」や「〇属」に分類され、猫が接触したり口にした場合に出る症状は同じ科や属に分類されているものに同じ症状が出やすいですが、植物名を聞いてそれが何科に属しているのかすぐにわからないため、植物名のみ五十音順に紹介していきます。

赤文字の植物は特に症状が激しいものになるため、場合によっては命に関わるため猫を飼っているご家庭では特に注意が必要です。

ア行の植物

植物名 部位 主な症状
アイリス 根、茎 嘔吐、腹痛、下痢
アイビー 葉、果実 嘔吐、腹痛、下痢、口が渇く、涎が出る
アサ 穂、葉を含めた全株 下痢、錯乱、興奮、幻覚、瞳孔散大、神経障害、体温低下
アサガオ 種子、ツル、茎 吐き気、下痢、反射低下、瞳孔散大、幻覚、血圧低下
アサツキ 全体 嘔吐、下痢、溶血性貧血、めまい、黄疸、死亡
アザレア 葉、根皮、蜂蜜 嘔吐、下痢、筋力低下、視力障害、不整脈、血圧低下、涎が出る
アジサイ

少量摂取:嘔吐、元気がなくなる

多量摂取:けいれん、呼吸困難、昏睡、死亡

アセビ 種子、ツル、茎

吐き気、下痢、反射低下、瞳孔散大、幻覚、血圧低下

アネモネ 乳液

接触:水膨れ

摂取:口内炎、胃腸炎

アボカド 未熟果実、種子の中身

元気がなくなる、チアノーゼ、死亡

アマリリス 鱗茎

嘔吐、下痢、涎が出る、肝障害、脱力感

アメリカンシャクナゲ 葉、蜂蜜

嘔吐、下痢、視力障害、筋力低下、麻痺、昏睡

アヤメ 根、茎 嘔吐、腹痛、下痢、胃腸炎
アルファルファ 全体 嘔吐、下痢
アロエ 樹液 下痢
アンズ 未成熟の果実、種子の中身

呼吸困難、運動機能低下、けいれん

アンセリウム
草液

嘔吐、口と喉の炎症

イエロージャスミン 全体

運動機能低下、麻痺、呼吸筋麻痺

イカリソウ
全体

知覚神経の興奮

イチイ 種子、葉

嘔吐、腹痛、運動機能低下、筋力低下

多量摂取:呼吸困難、不整脈、死亡

イチジク 葉、枝

皮膚のしみ、粘膜のただれ

イチョウ 種子(ぎんなん)

皮膚炎

多量摂取:呼吸困難

イチヤクソウ 全体 血圧低下
イヌサフラン 塊茎、根、茎、種子

吐き気、下痢、中枢神経麻痺、呼吸困難、死亡

イヌホオズキ 種子

嘔吐、腹痛、血便、下痢、めまい、口が渇く、呼吸困難

イラクサ 葉、茎の棘

接触:痛み、かぶれ、炎症

摂取:嘔吐、呼吸困難、筋力低下、涎が出る

ウメ 未成熟の果実、種子の中身

呼吸困難、虚脱、けいれん

ウマノアシガタ 全体、樹液

皮膚への刺激、下痢、胃腸炎、幻覚、中枢神経麻痺、涎が出る

多量摂取:心停止

ウルシ 乳液 皮膚のかぶれ、炎症
エゴノキ 果皮 口と喉への刺激、胃のただれ、溶血
エレファントイアー 草液 嘔吐、口と喉の炎症
エンレイソウ 全体 嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障碍、呼吸困難、循環器不全、全身麻痺、死亡
オキナグサ 全体

接触:皮膚炎

摂取:嘔吐、腹痛、血便、けいれん、心停止

オシロイバナ 根、茎、種子

皮膚や粘膜への刺激

種子:嘔吐、腹痛、下痢、幻覚

オトギリソウ

皮膚炎、浮腫

オニドコロ

胃腸炎、血球破壊、嘔吐

オダマキ 全体、種子

接触:皮膚のかぶれ

少量摂取:口腔内潰瘍、胃腸炎

多量摂取:心臓麻痺

オニユリ 全体

吐き気、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障碍、呼吸困難、全身麻痺、死亡

オモト 全体

嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障碍、呼吸困難、循環器不全、全身麻痺、死亡

カ行の植物

植物名 部位 主な症状
カサブランカ 全体

脱力感、脱水、腎臓障害、視力障害、全身麻痺

カノコユリ 全体

脱力感、脱水、腎臓障害、視力障害、全身麻痺

カラー 草液

嘔吐、口と喉の炎症

カラジウム 草液

嘔吐、口と喉の炎症

カラスビシャク 球茎

接触:皮膚炎

摂取:口内炎、浮腫、涎が出る

カルミア 葉、蜂蜜 嘔吐、下痢、視力障碍、筋力低下、涎が出る、麻痺、昏睡
カロライナジャスミン 全体 運動機能低下、麻痺、呼吸筋麻痺
キキョウ 嘔吐、下痢、胃腸炎、溶血
キク 全体

接触:皮膚炎

摂取:嘔吐

キスゲ 全体

脱力感、脱水、腎臓障害、視力障害、全身麻痺

キツネノカミソリ 鱗茎

嘔吐、下痢、複数、涎が出る、血圧低下、心不全、昏睡、麻痺

キツネノテブクロ 葉、根、花

嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、耳鳴り、めまい、けいれん、不整脈、高カリウム血症、心停止

キツネノボタン 全体

接触:皮膚炎、水膨れ

摂取:胃腸炎、血便

キナ 樹皮

精神障害、溶血

キバナハウチワマメ 全体、種子

嘔吐、運動機能低下、呼吸困難、麻痺

キバナフジ 樹皮、根皮、葉、種子

嘔吐、発汗、血管収縮、血圧上昇、知覚障害、呼吸不全、死亡

キョウチクトウ 樹皮、根、枝、葉

接触:皮膚のかぶれ

摂取:嘔吐、腹痛、下痢、不整脈、心臓麻痺、高カリウム血症

キンポウゲ 全体

嘔吐、下痢、皮膚炎、血便、幻覚

多量摂取:心臓麻痺

クサノオウ 全体、乳液

接触:皮膚のかぶれ

摂取:胃腸炎、脱力感、知覚末梢神経麻痺

クリサンセマム
全体

接触:皮膚炎

摂取:嘔吐

クリスマスローズ 全体、 嘔吐、下痢、腹痛、胃炎、不整脈、血圧低下、心臓麻痺、死亡
クレマチス 全体 胃腸炎
クワズイモ 葉、茎 口内炎、皮膚炎
ケキツネノボタン 全体 嘔吐、下痢、涎が出る、運動機能低下、不整脈、けいれん、死亡
ケシ 未熟果乳液、種子 幻覚、便秘、肝障害、中枢神経の麻痺、興奮
ケマンソウ 根、茎、葉 嘔吐、下痢、体温低下、脈拍低下、けいれん、呼吸困難、心臓麻痺
幸福の木 全体 嘔吐、下痢、手足の腫れ、麻痺、死亡
コウモリカズラ
種子 頻脈、神経障害、けいれん
コカ 覚醒作用、精神麻痺
コクサギ 皮膚のかぶれ
ゴクラクチョウカ 全体 嘔吐、下痢、腹痛
コバイケソウ 全体 嘔吐、しびれ、脱力感、意識不明、けいれん
コブシ 筋肉の弛緩、麻痺
コルチカム 塊茎、根茎、種子 吐き気、下痢、中枢神経麻痺、呼吸困難、死亡、失明

猫にとって摂取すると危険な物は他にもたくさんあります。

猫に食べさせてはいけないものについては、こちらの記事で紹介しています。

サ行の植物

植物名 部位 症状
サクラソウ 葉、茎 嘔吐、下痢、皮膚炎、口内炎
サクランボ 種子 呼吸困難、けいれん
ザクロ 樹皮、根皮 嘔吐、下痢、胃炎、めまい、運動機能低下、失神、中枢神経麻痺
サツキ 葉、蜂蜜

嘔吐、下痢、視力障碍、筋力低下、涎が出る、麻痺、昏睡

多量摂取:死亡

サトイモ 茎、球茎 口内炎、舌炎、涎が出る、皮膚炎
サフラン 根、茎 嘔吐、腹痛、下痢
ジギダリス 葉、根、花 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛、耳鳴り、めまい、けいれん、不整脈、高カリウム血症、心停止
シキミ 果実、樹皮、葉、種子 嘔吐、下痢、めまい、血圧上昇、呼吸困難、けいれん、涎が出る
シクラメン 全体 胃腸炎
ジャガイモ 嘔吐、腹痛、涎が出る、発熱、瞳孔散大、運動機能低下、筋力低下、血圧低下
シャクナゲ 葉、根皮、蜂蜜 嘔吐、下痢、筋力低下、視力障害、不整脈、血圧低下
シャクヤク 乳液

接触:かぶれ

摂取:嘔吐、胃腸障害、血圧低下

ジャスミン 全体

運動機能低下、けいれん発作、呼吸筋麻痺、死亡

シュロソウ 根、茎

嘔吐、しびれ、脱力感、意識不明、けいれん

ショウブ 口内炎、舌炎、皮膚炎
ショクヨウダイオウ 葉、根、茎 嘔吐、下痢、黄疸、肝不全、腎不全、不整脈、低カルシウム血症
ジンチョウゲ 花、葉 口腔内の水疱と浮腫、嘔吐、腹痛、血便、腹痛
スイートピー

豆、さや

頚椎麻痺、歩行困難
スイセン 鱗茎 吐き気、血圧低下、下痢、胃腸炎、心不全
スカシユリ 全体 脱力感、脱水、腎臓障害、視力障害、全身麻痺
スズラン 全体 吐き気、下痢、腹痛、不整脈、心不全
ストレリチア 全体 嘔吐、下痢、腹痛
スパシフィラム 口内炎、舌炎、皮膚炎
スモモ 未成熟の果実、種子の中身 呼吸困難、運動機能低下、けいれん
セイヨウキヅタ
葉、果実 嘔吐、下痢、腹痛、皮膚への刺激、涎が出る、口が渇く
セイヨウキョウチクトウ 全体 嘔吐、腹痛、頭痛、血圧低下、呼吸困難、けいれん、心臓麻痺
センダン 樹皮、果実 嘔吐、下痢、胃炎、けいれん、運動失調、呼吸停止、心停止、涎が出る
ソテツ 種子、茎幹 口腔内炎、食道炎、胃腸炎、肝不全、腎不全、嘔吐、腹痛、昏睡、けいれん

タ行の植物

出典:写真AC
植物名 部位 症状
ダイオウ

嘔吐、下痢、黄疸、肝不全、腎不全、不整脈、低カルシウム血症

タケニグサ 全体

嘔吐、幻覚、血圧低下、呼吸麻痺、死亡

タチアオイ 全体

嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、手足のしびれ、循環器不全、全身麻痺、死亡

タバコ

吐き気、嘔吐、発汗、めまい、気管収縮、血圧上昇、呼吸困難、知覚障害、死亡

タマネギ 鱗茎

接触:皮膚のかぶれ

摂取:溶血

ダンゴギク 全体

接触:皮膚炎

摂取:嘔吐

チューリップ 鱗球

皮膚炎

多量摂取:心臓麻痺

チョウセンアサガオ 葉、全体、種子

嘔吐、下痢、涎が出る、口が渇く、視覚障害、瞳孔散大、幻覚、頻脈、死亡

ツクバネソウ 全体

嘔吐、下痢、頭痛

重症の場合:呼吸困難

ツタ

接触:皮膚炎、結膜炎

接触:嘔吐、下痢、胃腸炎

ツタウルシ 樹液 重度の皮膚のかぶれ
ツツジ 葉、蜂蜜 嘔吐、下痢、視力障害、筋力低下、涎が出る、麻痺、昏睡
ツリフネソウ 全体 嘔吐、胃腸のただれ
デイジー 全体

接触:皮膚炎

摂取:嘔吐

ディフェンバキア 接触:皮膚のかぶれ、結膜炎、口腔内への刺激
テッセン 全体 胃腸炎
テッポウユリ 全体 脱力感、脱水、腎臓障害、視力障害、全身麻痺
デルフィニウム 茎、葉 痙攣、心臓麻痺、呼吸困難
トウアズキ 種子 麻痺、呼吸困難
トウゴマ 穂、葉、種子 嘔吐、下痢、体温低下、皮膚炎、口が渇く、痛覚麻痺
トウダイグサ
全体

接触:皮膚炎、鼻炎、粘膜の炎症

接触:嘔吐、胃腸炎、腹痛、頭痛、血圧上昇、めまい、けいれん

ドクウツギ 種子、樹皮

嘔吐、涎が出る、血圧上昇、全身硬直、けいれん、呼吸困難、死亡

ドクゼリ 全体 嘔吐、胃腸炎、頻脈、呼吸困難、涎が出る、横紋筋麻痺、死亡
ドクニンジン 全体 神経麻痺
トチノキ 全体

下痢、胃腸炎、脱水

トマト 葉、茎

結膜炎、皮膚炎

未成熟果実の摂取:嘔吐、下痢

ドラセナ 全体

嘔吐、下痢、手足の腫れ、麻痺、死亡

トリカブト 全体、

初期症状:涎が出る、ふらつく

中期症状:涎が出る、嘔吐、脱力感、唾が飲み込めない

末期症状:血圧低下、けいれん、呼吸麻痺

ナ行の植物

植物名 部位 主な症状
ナス 芽、葉 嘔吐、腹痛、血便、下痢、めまい、呼吸困難
ニセアカシア 樹皮、種子、葉 嘔吐、下痢、涎が出る、発汗、腹痛、苦悶、呼吸困難、腎機能不全
ニチニチソウ 全体 全身麻痺
ニンニク 鱗茎 溶血、死亡
ネギ 全体 嘔吐、下痢、溶血、黄疸、死亡
ノウルシ 茎、葉 皮膚炎、鼻炎、結膜炎

ハ行の植物

植物名 部位 主な症状
バイケイソウ 全体、 嘔吐、下痢、めまい、脱力感、血圧低下、けいれん
ハシリドコロ 全体、根、茎 嘔吐、めまい、幻覚、興奮、昏睡、呼吸困難、頻脈
ハゼノキ 全体 皮膚のかぶれ
ハナヒリノキ 運動神経麻痺、呼吸困難、心臓麻痺
パンジー 種子、根、茎 嘔吐、神経麻痺
ハンチョウヅル 全体 涎が出る、運動機能低下、呼吸困難、けいれん、心臓麻痺
ヒエンソウ 全体 涎が出る、運動失調、呼吸困難、けいれん、心臓麻痺
ビオラ 種子、根、茎 嘔吐、神経麻痺
ヒガンバナ 全体、鱗茎

接触:皮膚のかぶれ

摂取:嘔吐、腹痛、下痢、涎が出る、中枢神経麻痺、死亡

ヒヤシンス 鱗茎

皮膚炎

多量摂取:心臓麻痺

ヒヨス 葉、種子 嘔吐、幻覚、瞳孔散大、頻脈、けいれん、高血圧、運動機能低下
ヒヨドリジョウゴ 全体、果実 発熱、嘔吐、下痢、腹痛、呼吸困難、死亡
フクジュソウ 全体、 嘔吐、血圧上昇、呼吸困難、心臓麻痺、死亡
フィロデンドロン 根、茎、葉

接触:皮膚のかぶれ

摂取:口腔内への刺激

フジ 全体

吐き気、嘔吐、腹痛

フジバカマ 全体 出血、溶血
ブナ 樹皮 嘔吐、下痢、腹痛
プリムラ 葉、茎 嘔吐、下痢、皮膚炎、口内炎
プレカトリビーン 種子 麻痺、呼吸困難
ベラドンナ 全体、根、茎、葉 喉の渇き、粘膜の乾燥、瞳孔散大、心拍以上、けいれん、胃腸障害
ポインセチア 茎からの樹液、葉 嘔吐、下痢、皮膚炎
ホウセンカ 種子 子宮の収縮
ホウライショウ 口内炎、皮膚炎、涎が出る
ホオズキ 種子 嘔吐、腹痛、血便、下痢、めまい、呼吸困難
ボタン 乳液

接触:かぶれ

摂取:嘔吐、胃腸障害、血圧低下

ポトス 全体

口内炎、皮膚炎、嘔吐

マ行の植物

植物名 部位 主な症状
マーガレット 葉の汁

接触:皮膚炎

摂取:嘔吐

マサキ 葉、樹皮、果実

嘔吐、下痢、手足の腫れ、麻痺

マムシグサ 根、茎、果実 口内炎、皮膚炎、涎が出る
ミゾカクシ 全体 涎が出る、ひきつり、呼吸困難、意識障害、心臓麻痺
ミヤマシキミ 全体 嘔吐、けいれん、麻痺
モクレン 樹皮 筋肉の弛緩
モモ 未成熟の果実、種子の中身 呼吸困難、運動機能低下、けいれん
モンテスラ 口内炎、皮膚炎、嘔吐、涎が出る

ヤ行の植物

出典:写真AC
植物名 部位 主な症状
ヤツデ 多量摂取:嘔吐、下痢、溶血
ヤナギタデ 全体、種子 血圧低下
ヤマシャクヤク 血圧低下
ユズリハ 葉、樹皮 肝障害、麻痺
ユリ 全体 脱力感、脱水、腎臓障害、視力障碍、全身麻痺
ヨウシュヤマゴボウ 全体、根、実

口腔刺激、嘔吐、下痢

重症の場合:頻脈、呼吸困難、血圧低下、けいれん

ラ行の植物

植物名 部位 主な症状
ラッパスイセン 鱗茎 吐き気、血圧低下、下痢、胃腸炎
ランタナ 未熟種子、葉 嘔吐、腹痛、下痢、運動機能低下、瞳孔散大、光過敏症
リンゴ 未成熟の果実、種子の中身 呼吸困難、運動機能低下、けいれん
ルバーブ
茎、葉 下痢
ルピナス 全体、種子 嘔吐、運動機能低下、呼吸困難、麻痺、涎が出る
レンゲツツジ 葉、蜂蜜 嘔吐、下痢、視力障害、筋力低下、麻痺、昏睡
ローズリリー 全体 脱力感、脱水、腎臓障害、視力障害、全身麻痺
ロベリア 全体 嘔吐、腹痛、頭痛、血圧低下、呼吸困難、けいれん、心臓麻痺

ワ行の植物

植物名 部位 主な症状
ワケギ 鱗茎 嘔吐、下痢、溶血、ふらつき、黄疸
ワラビ 根、茎 貧血、運動機能低下、心拍不整、死亡

まとめ

猫は好奇心旺盛なため、植物をいじることを注意してもなかなか言うことを聞いてくれない場合があります。

猫にとって危険な植物は身近なものも多く、癒しやインテリアとして知らずに飾ってるご家庭もあるかもしれません。

今回紹介したものがすべてではありませんので、猫草のように猫が食べることを前提としたもの以外の植物に興味を示して舐めたりかじるようであれば、猫が触れない場所に移すか室内に置くことを諦める必要があります。

もし猫が誤って摂取してしまった場合は、すぐに動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和