猫について

家で出来る猫の健康チェック方法

「猫は体調不良を隠そうとするので、普段から猫の様子をよく観察しましょう」と言われても、具体的に何を見ればいいの?と思うことはないでしょうか。この記事では、ご家庭で行った方がよい猫の健康チェックについてまとめました。
家で出来る猫の健康チェック方法
目次

猫の部分的な健康チェック

毎日行った方が良い猫の健康チェック

猫の性格によっては、あまり触られることを好まない子もいますが、出来れば毎日わずかな時間でも猫の身体に触れるようにしましょう。耳や爪のケアをしてあげたりブラシで梳かしてあげたりなどを行っていると、いつもと様子が違う時に気付きやすくなります。猫をケアする時に以下の点をチェックしてみましょう。毎日すべての項目をチェックするのは大変なので、その日のケアに合わせていろいろ組み合わせてみましょう。

 目

  • 目ヤニがついていたり、涙目や充血していたりしませんか?
  • 両目とも均等に開いていますか?
  • 目に輝きがありますか?
  • 白く濁っていたりしませんか?
  • 虹彩部分の色が変色していたりしませんか?

 鼻

  • 鼻水が出ていませんか?
  • 活動中は湿り気がありますか?(起きたばかりの時は乾いていることがあります)
  • 寝ている時に「ブーブー」や「ガーガー」という音が混じっていませんか?

 口

  • 嫌な口臭がしていませんか?
  • 涎が垂れていたりしませんか?
  • 舌や歯茎は綺麗なピンク色または黒色をしていますか?
  • 歯垢や歯石が溜まっていませんか?

 耳

  • 変な臭いがしませんか?
  • 耳の中は綺麗ですか?
  • 黒っぽい耳垢が溜まっていませんか?

 爪

  • 爪の間や生え際は汚れすぎていませんか?
  • 肉球に爪が当たっていませんか?

 被毛

  • 被毛が乾燥してパサパサしていませんか?
  • 撫でた時に指がネバネバと脂っぽくなったり、指が引っ掛かったりしませんか?
  • フケがたくさん出ていませんか?
  • 部分的に毛が抜けている箇所はありませんか?

 尻尾

  • だらりと垂れたままではなく、自由に動いていますか?

 皮膚

  • 皮膚に弾力がありますか?
  • 皮膚に赤みや湿疹はありませんか?

 乳腺(メスのみ)

  • お乳の辺りを触った時にしこりのようなものはありませんか?

 お尻

  • 肛門付近は綺麗ですか?
  • 肛門はキュッと締まっていますか?

 全身

  • 急に痩せたり太ったりしていませんか?
  • 妊娠以外でお腹がずっと張っている・膨らんでいる様子はありませんか?
  • 傷やしこりが出来ていたり、触った時に嫌がったり痛がっている様子はありませんか?

猫の行動・状態チェック

猫の行動・状態チェック

この項目については、出来れば毎日チェックするようにしましょう。具合が悪くなって動物病院に行った際にも、普段の様子との違いを説明することで悪い箇所や病気の早期発見につながる可能性があります。

 飲食の状態

  • 好き嫌い以外でご飯を残していませんか?
  • 水を飲む量が急に増えたりしていませんか?

 排泄物の状態など

  • 血が混じっていたり変な色をしていませんか?
  • 排泄物をしていない様子はないですか?
  • 下痢の状態が続いていませんか?
  • 尿にキラキラ光っているものが見えませんか?
  • トイレに行く回数が増えていませんか?
  • トイレにかかる時間が長くなっていませんか?

 睡眠や遊んでいる時の状態

  • よく眠りますか?
  • いつものように遊びますか?
  • いつもより疲れやすかったり、呼吸が荒かったりしませんか?

 その他の行動

  • 歩いている時に足を引き摺っているような様子はありませんか?
  • 高い場所に登りたがらない様子はないですか?
  • グルーミングをしていますか?
  • ずっと同じ個所をグルーミングしたり掻いていたりしませんか?
  • 暗い場所や狭い場所などでずっとうずくまっていたりしませんか?
  • 急に攻撃的になったりしていませんか?

猫の健康チェック以外に飼い主が出来ること

定期的に健康診断を受けましょう

愛猫の健康維持のために、他に飼い主が出来ることを紹介します。

 完全室内飼い

感染症の感染リスクや他猫との喧嘩による怪我、事故のリスクを避けるためにも完全室内飼いすることをおすすめします。

 去勢・避妊手術

繁殖の予定がある場合を除いて、去勢・避妊手術は必ず受けるようにしましょう。発情期によるストレスの軽減、生殖器関連の病気予防、繁殖のために家を飛び出すことの予防など猫の健康を維持することに繋がります。

 予防接種

感染症のリスクを避けるためにも定期的に予防接種は受けるようにしましょう。

 健康診断

どんなに毎日健康チェックをしていても、検査を受けることで見つかる病気などもあります。最初の健康診断は去勢や避妊手術の時に受け、その後は1年に一度、7歳を越えたら半年に一度のペースで受けることが理想です。健康診断の内容や金額は動物病院によって異なるため、かかりつけの動物病院に直接お問い合わせをお願いします。

 かかりやすい病気を把握する

猫は一般的に腎臓関連の病気や歯周病にかかりやすいです。その他、品種によって発症しやすい病気などもありますので、日頃からその病気に関して調べ何かあった場合の対応方法や気を付けることなどを把握しておきましょう。病気の予防として療養食やサプリメントを与えたい場合は、勝手に判断すると必要な栄養が十分に取れなかったり過剰に摂取するリスクがありますので、必ず獣医師に相談し判断を仰ぎましょう。

 食事

毎日の食事は猫の健康を維持するためにとても大切です。安いフードは猫に必要な栄養が十分でなかったり、飼い主の目を惹くための着色料など、必要なものの代わりに代用品や猫の身体にあまりよくないものが入っていたりすることがあります。猫の年齢によっても必要な栄養が変わってくるため、猫の年齢にあった質の良い食事を与えるように心掛けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。どんなに評判の良い動物病院が近くにあっても、飼い主が猫の異変に気付かずにいた場合意味がありません。愛猫にとって一番の理解者はあなたです。日頃から猫に触れ、様子を観察していつもと違うと感じた場合は、電話で問い合わせをしてみるだけでもしてみましょう。日頃の健康チェックと素早い対応が愛猫の健康維持と長生きすることに繋がります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。