猫の種類

ミヌエットについて

ミヌエットは、足の短いマンチカンとフサフサの被毛を持ち短頭種であるペルシャを基礎として、ヒマラヤン、エキゾチックショートヘアなどを組み合わせて誕生した猫種です。
ミヌエットについてもっと詳しく見ていきましょう。

♦基本情報♦

原産国:アメリカ

ボディタイプ:セミコビータイプ

被毛のタイプ:ダブルコートの長毛種

体重:オス 3~4㎏、メス 2~3㎏

寿命:12~14年

公認団体:TICA

ミヌエット
目次

ミヌエットの歴史

ミヌエットの歴史
ミヌエットは、足が短いことで知られている「マンチカン」の育種の過程で生まれた足の長い個体が捨てられて、多くの保護センターに収容されていることを知ったあるアメリカの短足犬のブリーダーが、育種によって生まれた猫が足が長いという理由で捨てられることがあってはいけないと考えて、1996年にいつでも足が短くなるように改良を試みて誕生させた猫種です。フランスの皇帝の名前より「ナポレオン」と名付けられていましたが、フランス国民より異議があったため、2015年5月より「優雅な舞踏」という意味の「ミヌエット」に改名されています。ミヌエットは、足の短い「マンチカン」と毛並みの良い「ペルシャ」を基礎に「ヒマラヤン」や「エキゾチックショートヘア」との組み合わせを行い現在の姿になりました。

関連記事

ミヌエットの特徴

ミヌエットの特徴
ミヌエットは、マンチカンから受け継いだ短い足を持ち、骨格はしっかりとして首が太く筋肉質なセミコビータイプの体型をしています。身体の大きさに比べると頭部は大きく、小さな耳と少し離れ気味な真ん丸な目をしています。長毛のミヌエットは1つの毛穴から複数の被毛が生えていて、とてもボリュームがあり胸元の被毛が長めです。一般的な猫よりも小さめで、足よりも長い尻尾を立ててお尻を振りながら歩く姿はとても愛らしいです。マンチカンの中で短足で生まれる子猫は2~3割程度のため、長い足で生まれる個体やショートヘアの個体も存在します。

ミヌエットの性格

ミヌエットの性格

 社交的で賢い

ミヌエットは、社交的な性格のため他のペットや知らない人がいても仲良く出来ます。賢いためしつけが楽で、犬の様にクリッカーと呼ばれる音の鳴る道具を使って行動をトレーニングすることも可能であると言われています。

 活発で好奇心旺盛

ミヌエットは、足は短くてもよく走り回り遊び好きです。飼い主と遊ぶことも好きですが、1匹で遊ぶことも多いです。好奇心旺盛でいろいろなものに興味を示します。

ミヌエットの被毛や目の色

ミヌエット
ヌエットの被毛は、基本的には長毛ですが短毛の個体もいます。ダブルコートのフワフワな被毛のため抜け毛は多く、1日に1回はブラッシングするようにしましょう。換毛期には抜け毛の様子を見て回数を増やしてください。カラーは、ホワイト、ブラック、ブルー、シルバー、ベージュ、クリーム、フォーンなど様々で、パターンもバイカラーやキャリコ、タビーなどがありますが、ホワイトやベージュなど比較的カラーの薄い子の方が人気があるようです。
目の色も被毛に準じて様々です。

関連記事

ミヌエットのかかりやすい病気

ミヌエットのかかりやすい病気

 多発性嚢胞腎

腎臓に嚢胞がたくさん出来る先天性腎疾患で、嚢胞が大きくなり増えることで腎機能障害を起こしてしまう病気です。

 椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にある椎間板が変形し潰れて中の髄核が飛び出し、近くの神経や脊髄を圧迫することで痛みを伴ったり麻痺の症状がでる病気ですが、もともと猫はしなやかな身体を持っているため発症するのは稀の様です。

 肥大型心筋症

心臓の左心室(または右心室)の筋肉が厚くなることで拡張不全や流出路障害を起こす病気です。

 毛球症

グルーミングなどにより飲み込んでしまった被毛をうまく排出出来ないことによって発症する病気です。

 角膜炎

角膜(黒目部分を覆っている透明な膜)に炎症が生じる病気です。

 流涙症

涙小管や鼻涙管など、涙を鼻の奥へ排出する管が狭く、涙が行き先を失い目頭から涙があふれてしまう病気です。

関連記事

ミヌエットを飼うのに気をつけること

ミヌエットを飼うのに気をつけること

 被毛の手入れ

ミヌエットの被毛はダブルコートの長毛のため、抜け毛が多く手入れが大変です。手入れを怠ると毛玉が出来てしまったり、グルーミングによって余計な被毛を飲み込んでしまい毛球症になってしまいます。飼い主が好きで甘えん坊なところがあるため、コミュニケーションを兼ねて被毛の手入れや、短頭種は目の病気になりやすいため目の周りのケアをしてあげましょう。ただし、構いすぎると嫌がる子もいるため、独りでいたい時にはそっとしておきましょう。

 室内環境

ミヌエットは、足は短いですが活発で運動をよくする猫種です。動き回れる空間とキャットタワーを用意してあげましょう。成長とともに落ち着いてきますが、筋肉質な体型のため運動不足や食べ過ぎると肥満になってしまうので、定期的に体重を測り食事管理を心掛けましょう。

ミヌエットの動画

ミヌエットの魅力を言葉だけではなく、映像で紹介します。動画の言語は英語ですが、映像だけでも楽しめると思います。


引用元:Minuet cat 🐱🦁🐯 EVERYTHING CATS 🐯🦁🐱

まとめ

ミヌエットは比較的新しい猫種ですが、日本では足の短い猫は人気があり、小型でフワフワと丸っこい印象のミヌエットを扱っているペットショップやブリーダーは多く、入手しやすい猫種です。マンチカンなど足の短い猫同士の交配は致死遺伝子が作られ、体内で死亡したり生育中に突然死するなどのリスクが発生するため、無理な交配はしないようにし、楽しい猫ライフを過ごしてくださいね。

© 2021 ねこ日和