猫の種類

アルパインリンクスについて

アルパインリンクスは、北米の小型のオオヤマネコとイエネコのハイブリット種ではないかと言われている「デザートリンクスグループ」に属する猫種です。
アルパインリンクスについてもっと詳しく見ていきましょう。

♦基本情報♦

原産国:アメリカ

被毛のタイプ:短毛種・長毛種・巻毛種

体重:4.5~8㎏

寿命:12~15年

公認団体:REFR

アルパインリンクス
目次

アルパインリンクスの歴史

アルパインリンクスは、北米の小型のオオヤマネコとイエネコのハイブリット種ではないかと言われる「デザートリンクスグループ」に属する猫種と言われています。名前の由来となっているアルパインは「アルプス」や「高山」を意味し、リンクスは「オオヤマネコ」を意味します。人工的に交配させられて出来たと言われていますが、定かではなく現在でも謎の多い猫種です。

アルパインリンクスの特徴

アルパインリンクスが所属する「デザートリンクスグループ」としての身体の特徴は、大きな骨格で筋肉質であり、前足よりも後ろ足の方がやや長く、尻尾は短く(マンクスのように尻尾がない個体もいるようです)、多くの個体で多指が見られ、指の間には房毛が生えています。
頭部は大きめで離れた目とマズルが真四角に近い形をしており、耳の先には房毛があります。
上記の特徴を持ちながらアルパインリンクスとしての特徴は、真っ白な被毛で直毛の個体と巻き毛の個体があり、耳は直立またはカールした個体があります。「デザートリンクスグループ」には他に3種の猫種が属していますが、多種の特徴を持っていても被毛が白一色の場合は、アルパインリンクスに分類されます。
一般的な大型の猫と同じ様に成長するまでに年数がかかります。

関連記事

アルパインリンクスの性格

 大人しくて社交的

アルパインリンクスは、見た目の大きさや筋肉質な身体とは対照的に愛情深く社交的な性格をしています。運動量は多いですが、暴れまわったり騒ぎ立てるようなこともありません。子供や他のペットなどとも仲良く暮らすことが出来ます。

 愛情深く寂しがり屋

愛情深い性格で飼い主のことが大好きです。そのため、寂しがり屋で繊細な面があり、留守がちなご家庭には不向きのようです。

アルパインリンクスの被毛や目の色

アルパインリンクス
アルパインリンクスの被毛は直毛や巻毛で、短毛の個体も長毛の個体もいます。抜け毛は一般的な猫と同じくらいのため、短毛種であれば1週間に1回、長毛種や巻毛の場合は1週間に2,3回のブラッシングをしてあげましょう。お風呂は、短毛の場合は抜け毛が気になるようであれば換毛期に1回、長毛や巻毛の場合は汚れが気になる時に入れてあげましょう。
やや離れ気味な目の色は、ブルー、グリーン、オッドアイ、ゴールドなど様々です。

関連記事

アルパインリンクスのかかりやすい病気

 カリシウイルス感染症

猫カリシウイルスに感染することで発症する感染症です。

 ウイルス性鼻気管炎

猫のヘルペスウイルスが原因で起こる猫風邪の1種です。

 尿路結石症(尿石症)

腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結石や結晶が出来、傷つけたり詰まったりすることで血尿が出たり、膀胱炎を引き起こしてしまう病気です。

 白内障

目の奥にある透明な水晶体の一部もしくは全部が白く濁ってしまい、視力が低下する病気です。

 皮膚病

被毛が抜けてしまったり、皮膚自体に発疹などが出来たりする病気です。

関連記事

アルパインリンクスを飼うのに気をつけること

 ストレスに気を付ける

アルパインリンクスは、寂しがり屋で繊細な性格をしています。留守番ばかりしている環境ではストレスを抱えてしまいますので、時間のある時にはたくさん遊んであげたり、多頭飼いを検討してみましょう。また、多指の場合爪とぎしにくいと言われているため、スキンシップを兼ねて爪の状態や指の間の房毛の状態を見てあげ、定期的にお手入れしてあげましょう。

 室内環境

アルパインリンクスは、運動量が多い猫種です。特にオスは一般的な猫よりも大きくなるため、動き回れる空間やキャットタワーを用意してあげましょう。飼い主のことが好きなため、おもちゃなどで一緒に遊んであげると喜びます。個体によっては、大人しくあまり活発に動かない子もいるようです。運動不足になると肥満になり、いろいろな病気の原因となりますので、食事の量を調節するなど工夫しましょう。

アルパインリンクスの動画

アルパインリンクスの魅力を言葉だけではなく、映像で紹介します。言語は英語ですが、映像だけでも楽しめると思います。


引用元:kittens born 12-14-09 mohave bob alpine lynx cats

まとめ

アルパインリンクスは、国内では認知度が低く入手はとても困難ですが、社交的で愛情深い性格のため飼いやすい猫種です。野性味のある筋肉質で大きな身体と対照的な寂しがり屋で飼い主が大好きな性格のギャップに魅力を感じますね。

© 2021 ねこ日和