猫の種類

カオマニーについて

カオマニーは、タイで古くから大切に扱われていた真っ白な被毛と神秘的なオッドアイを持つ猫種です。
カオマニーについてもっと詳しく見ていきましょう。
 

♦基本情報♦

 

原産国:タイ

ボディタイプ:セミフォーリンタイプ

被毛のタイプ:短毛種

体重:3~6㎏

寿命:10~13歳

公認団体:TICA、CFA、GCCF

カオマニー
目次

カオマニーの歴史

カオマニーの歴史
カオマニーは、タイで「白い宝石」として古くから大切に扱われてきた猫種で、1350年にタイで著された猫の詩集の中でも記されています。タイには、サイアミーズ(シャム)、コラット、バーミーズなど、寺院や王室で大切に飼われてきた猫種がいますが、カオマニーも同じように大切に扱われていました。真っ白な被毛に左右の目の色が違うオッドアイの神秘的な姿から「王室に幸運を招く」存在と考えられ、外に出して純血が守られなくならない様にと王室以外に出してはいけないというルールもあったと言われています。カオマニーが世界に知られることになったのは1999年のことで、タイの王室にいる美しい猫に興味を持つブリーダーが増えてきたことから、初めてアメリカのブリーダーへ輸出されました。その後、ヨーロッパにも輸出されるようになり、世界中のブリーダーによって繁殖が行われるようになりました。カオマニーとは、その見た目通り「白い宝石」を意味する名前で、アメリカの最大の猫血統登録団体であるTICAに2015年に公認されています。

関連記事

カオマニーの特徴

カオマニーの特徴
カオマニーは、やや丸みのある細身で筋肉質なセミフォーリンタイプの体型をしています。頭部はハート型で、ピンと立った大きな耳と大きな目を持っています。尻尾は真っすぐであることが望ましいとされていますが、原産国のタイでは尻尾が曲がっている個体や短い個体もいるため、そのような尻尾であってもカオマニーとして扱っている登録団体が増えているようです。カオマニーの被毛は「白一色が好ましい」と考えられているようですがなかには色が混じっている個体もおり、目についても両方とも同じ色の目を持つ個体もいます。
白い被毛とオッドアイを持つ猫は実はあまり珍しいものではなく、白猫全体の約2割ほどがなると言われ日本でも見ることが出来ます。被毛を白くする遺伝子により起こる「色彩異色症」の症状であり、白猫+オッドアイだからカオマニーという訳ではありません。日本で見る白猫は、カオマニーよりも丸みがある体型をしており、身体も一回り位大きい個体が多いようです。

カオマニーの性格

カオマニーの性格

 明るく友好的

カオマニーは人懐っこく友好的な性格のため、お子さんや他のペットがいるご家庭でも安心して暮らせる猫です。飼い主の膝の上に乗ってくるよりは、側に来て丸くなっている方が好きなようです。

 やや寂しがり屋で甘えん坊

カオマニーはやや寂しがり屋な性格のため、留守番が多い環境には向きません。しくこく構われることは好きではありませんが、飼い主にはいつも気にしていて欲しい性格で、何かして欲しいことがある場合は鳴き声で知らせてきます。

カオマニーの被毛や目の色

カオマニーの被毛や目の色
カオマニーの被毛は短毛のため、抜け毛の量に応じて1週間に1、2回ほどブラッシングをしてあげましょう。カラーは、キャットショーでは全身白一色である個体が選ばれますが、黒やタビーに白が混ざったものやポイントのある個体が生まれることもあります。また、子猫の時に淡い斑点模様を持って生まれ、その後成長していくに伴って消えていくこともあります。
大きな目の色は、ブルー、グリーン、イエローがあり、左右の目の色が違うオッドアイの子もいます。

関連記事

カオマニーのかかりやすい病気

カオマニーのかかりやすい病気

 皮膚病

カオマニーはやや寂しがり屋な性格をしているため、ずっと留守番をしているような環境ではストレスを抱えてしまい皮膚病を患ってしまうことがあります。

 尿路結石症(尿石症)

腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結石や結晶が出来、傷つけたり詰まったりすることで血尿が出たり、膀胱炎を引き起こしてしまう病気です。

 難聴

被毛を白くする「ホワイト遺伝子」が色素細胞であるメラノサイトを抑制することにより、同じ細胞から成長するコルチ器がうまく作られなくなり生まれつき難聴になる病気です。

 斜視

白猫がかかりやすく、眼球が左右上下に偏ってしまう病気です。

関連記事

カオマニーを飼うのに気をつけること

カオマニーを飼うのに気をつけること

 ストレスに気を付ける

カオマニーは寂しがり屋な性格です。いつも留守番ばかりで構ってもらえないとストレスを溜めてしまいます。外出しがちなご家庭では、多頭飼いも検討してみてくださいね。

 室内環境

カオマニーは明るく無邪気でよく遊びます。おもちゃやキャットタワーを用意し、時間のある時は一緒に遊んであげましょう。白猫は、難聴や目に異常が出ることがありますので、様子を見てそういった問題を抱えている子であった場合は、放し飼いにはせずに完全室内飼いにしましょう。耳が聞こえなかったり目に異常があっても、慣れている環境であれば猫は普通に生活をすることが出来ます。

カオマニーの動画

カオマニーの魅力を言葉だけではなく、映像で紹介します。言語は英語ですが、映像だけでも楽しめると思います。


引用元:Animal Planet : Cats 101 ~ Khao Manee

まとめ

カオマニーは、個体数が少なく過去には「王宮から出してはいけない」猫だったため、入手するのは困難です。しかし、白猫でオッドアイの子は血統にこだわらなければそれほど珍しいわけではありません。女優の柴咲コウさんの飼い猫である「のえる」ちゃんも白猫+オッドアイの猫ですので、里親募集などを探せばお気に入りの子に出会えるかもしれませんよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和