猫の種類

個性的で可愛い短頭の猫種

いろいろな猫種を紹介してきましたが、数が多すぎるため似たようなタイプ別にまとめてみました。今回は短頭の猫種です。個別の詳細については、名前または写真をクリックして見ることが出来ます。
ペルシャ
目次

短頭の猫7種

 エキゾチックショートヘア

エキゾチックショートヘア 原産国:アメリカ
体重:オス 4.7~7kg、メス 3.1~6kg
寿命:10~13歳
体型:コビー
被毛:ダブルコート
特徴:ペルシャ×バーミーズ×アメリカンショートヘア
入手難易度:入手しやすい

 ヒマラヤン

エクストリームフェイス 原産国:アメリカ
体重:オス 4~6.1kg、メス 3.2~5kg
寿命:14~16歳
体型:コビー
被毛:ダブルコート
特徴:ペルシャ×サイアミーズ(シャム)
入手難易度:入手しやすい

 ペルシャ

ペルシャ 原産国:イラン
体重:オス 3.5~6.3kg、メス 3~5kg
寿命:15~20歳
体型:コビー
被毛:ダブルコート
特徴:
入手難易度:入手しやすい

 セルカークレックス

セルカークレックス 原産国:アメリカ
体重:オス 4.8~6.5kg、メス 2.9~4.5kg
寿命:13~15歳
体型:セミコビー
被毛:ダブルコート
特徴:巻毛
入手難易度:入手しやすい

 フォールデックス

フォールデックス 原産国:カナダ
体重:2.3~4kg
寿命:10~13歳
体型:コビー
被毛:
特徴:エキゾチックショートヘア×スコティッシュフォールド
入手難易度:入手困難

 ミヌエット

ミヌエット 原産国:アメリカ
体重:オス 3~4kg、メス 2~3kg
寿命:12~14歳
体型:セミコビー
被毛:ダブルコート
特徴:ペルシャ×マンチカン
入手難易度:入手しやすい

 ラムキン

ラムキン 原産国:アメリカ
体重:オス 2.7~4.1kg、メス 1.8~3.6kg
寿命:12~14歳
体型:セミフォーリン
被毛:
特徴:セルカークレックス×マンチカン
入手難易度:数は少ないが入手可能

短頭の猫種に共通する特徴と性格

短頭種に共通する一番の特徴は、繁殖のどこかの過程でペルシャが関わっていることです。交配種に近い性格を引き継ぐこともありますが、ペルシャの大人しい性格を引き継ぐ子が多いようです。

 活発な子とあまり運動しない子に分かれる

交配にマンチカンが用いられている猫種は、マンチカンの活発な性格を引き継ぐこともありますが、それ以外の猫種については、子猫の時は活発ですが成長とともに落ち着き飼い主の側で過ごすことを好みます。

 社交的で大人しい

社交的で他のペットや子供とも仲良く出来、声は高めで小さくあまり鳴かない子が多いようです。

 寂しがり屋で人見知りする

人見知りをして信頼関係を築いた飼い主にしか懐かなかったり、大好きな飼い主が他の猫を可愛がっていると嫉妬する子もいます。留守番が苦手な子が多いです。

短頭の猫種に共通するかかりやすい病気

尿路結石症(尿石症)と腎不全については、猫全般がかかりやすい病気のため除外しています。

 心筋症

心臓の筋肉に異常が起こり心臓の働きが低下することで、全身に血液を送る働きが出来なくなる病気です。

 多発性嚢胞腎

腎臓に嚢胞がたくさん出来、嚢胞が大きくなり増えることで腎機能障害を起こしてしまう病気です。

 毛球症

グルーミングなどにより飲み込んでしまった被毛を、上手く排出出来ないことによって発症する病気です。

 短頭種気道症候群

顔の構造上鼻の孔や鼻腔が狭く、喉の構造も凝縮されているため呼吸をするのに気道に圧力がかかることで発症する症状です。

 流涙症

涙小管や鼻涙管など、涙を鼻の奥へ排出する管が狭くなっていたり、詰まっていたりすることで涙が行き先を失い目頭から涙があふれてくる病気です。

 眼瞼内反症

瞼が内側に入り込んでしまい、被毛やまつ毛が眼球や結膜に触れることで炎症を起こしてしまう病気です。

関連記事

短頭の猫種を飼うのに気をつけること

ペルシャ

 ストレスに気を付ける

飼い主のことが大好きで甘えん坊な性格の猫種が多いため、長時間構ってもらえなかったりいつも留守番ばかりの環境ではストレスを抱えてしまう可能性があります。ペルシャの特徴を受け継ぎ長毛の子が多く目や鼻の病気になりやすいため、時間がある時にはブラッシングをしたり目や鼻のお手入れをするようにしましょう。

 室内環境

活発で運動量が多くご飯をたくさん食べる子と、あまり運動をしなくのんびりと過ごすことを好む子に分かれますがどちらも肥満になりやすいため、定期的に体重を測り食事の量を調節するようにしましょう。また、ペルシャの特徴を受け継ぎダブルコートの長毛の子が多いため、寒さには比較的強いですが暑さには弱く熱中症になりやすいです。特に夏季は室内の温度管理を心掛け熱中症にならないように気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。短頭の猫は、日本では比較的入手しやすい猫種が多いです。あまり鳴かず大人しく過ごす子が多く、マンションでもとても飼いやすいです。被毛の手入れがやや大変ですが、初めて猫を飼う方にもおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和