猫の種類

耳に特徴がある猫種

いろいろな猫種を紹介してきましたが、数が多すぎるため似たようなタイプ別にまとめてみました。今回は耳に特徴がある猫種です。個別の詳細については、名前または写真をクリックして見ることが出来ます。
スコティッシュフォールド
目次

耳に特徴がある猫7種

 アメリカンカール

アメリカンカール 原産国:アメリカ
体重:オス 3~5.5kg、メス 2.2~4.5kg
寿命:13~16歳
体型:セミフォーリン
被毛:シングルコート
特徴:耳が外側にカール
入手難易度:入手しやすい

 スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド 原産国:イギリス
体重:オス 4~6kg、メス 3~4kg
寿命:10~13歳
体型:セミコビー
被毛:ダブルコート
特徴:耳が内側に折れている
入手難易度:入手しやすい

 キンカロー

キンカロー 原産国:アメリカ
体重:3~5kg
寿命:10~13歳
体型:セミコビー
被毛:
特徴:アメリカンカール×マンチカン
入手難易度:数は少ないが入手可能

 ドウェルフ

ドウェルフ 原産国:アメリカ
体重:2~3kg
寿命:12~16歳
体型:
被毛:無毛
特徴:アメリカンカール×マンチカン×スフィンクス
入手難易度:入手困難

 ハイランダー

ハイランダー 原産国:アメリカ
体重:オス 7~10kg、メス 4~6kg
寿命:12~15歳
体型:ロング&サブスタンシャル
被毛:
特徴:ジャングルカール×デザートリンクス
入手難易度:入手困難

 フォールデックス

フォールデックス 原産国:カナダ
体重:2.3~4kg
寿命:10~13歳
体型:コビー
被毛:ダブルコート
特徴:スコティッシュフォールド×エキゾチックショートヘア
入手難易度:入手困難

 ユークレイニアンレフコイ

ユークレイニアンレフコイ 原産国:ウクライナ
体重:3.5~7kg
寿命:15~20歳
体型:
被毛:無毛
特徴:スコティッシュフォールド×ドンスコイ
入手難易度:入手困難

耳に特徴がある猫種に共通する特徴と性格

 活発な子とあまり運動しない子に分かれる

交配にマンチカンやスコティッシュフォールドが用いられている猫種は、陽気で明るく活発な性格の子が多いですが、アメリカンカールの性格に近い子は運動量がそれほど多くなく穏やかな性格をしています。

 社交的で寂しがり屋

社交的で他のペットや子供とも仲良く出来る反面、いつも独りで留守番をするような環境ではストレスを抱える子が多いです。

耳に特徴がある猫種に共通するかかりやすい病気

尿路結石症(尿石症)と腎不全については、猫全般がかかりやすい病気のため除外しています。

 心筋症

心臓の筋肉に異常が起こり心臓の働きが低下することで、全身に血液を送る働きが出来なくなる病気です。

 骨軟骨異形成症

先天的な要因によって骨が十分に成長しない病気です。

 外耳炎

耳の穴から鼓膜までの間に炎症が起こる病気です。

 白内障

眼の奥にある透明な水晶体の一部もしくは全部が白く濁って視力が低下する病気です。

関連記事

耳に特徴がある猫種を飼うのに気をつけること

スコティッシュフォールド

 

 ストレスに気を付ける

飼い主のことが大好きで甘えん坊な性格の猫種が多いため、長時間構ってもらえなかったりいつも留守番ばかりの環境ではストレスを抱えてしまう可能性があります。耳の病気にかかりやすいため、時間がある時にはスキンシップを兼ねてブラッシングをしたり耳のお手入れをするようにしましょう。

 室内環境

活発で運動量が多くご飯をたくさん食べる子と、あまり運動をしなくのんびりと過ごすことを好む子に分かれますが、どちらも肥満になりやすいため定期的に体重を測り食事の量を調節するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スコティッシュフォールドやアメリカンカールは入手しやすいですが、今のところこの二種を交配種とする猫種は入手困難です。しかし、どちらも日本では人気がありブリーダーも多いため、今後この二種を交配種とする猫種が増えたり個体数が増えて入手しやすくなるかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和