猫について

猫が嫌がらない抱き方

猫にはいろいろな性格があり、抱っこが嫌いな子がいればいつまでも抱っこされたい子もいます。この記事では抱っこされることが嫌いな猫でも、なるべく嫌がらない抱き方についてまとめてみました。
抱かれる猫
目次

どうして猫は抱っこを嫌がるのか

 抱き方が気に入らない

猫が安心して身を任せられない抱き方で人間が立ち上がった高さの場合、猫はいつ落ちるかわからず不安になってしまいます。子供がよく抱く抱き方で脇の下辺りをぎゅっと両手で押さえつけるような抱き方は、猫が万歳するかのような態勢で前足が使えなく後ろ足は宙ぶらりんなため不安定で、猫にとっては胸が締め付けられる感じがしてあまりよくは思いません。また、猫の急所であるお腹が丸見えになってしまうような抱き方も、信頼関係が強い飼い主以外の場合猫は嫌がります。

 抱っこに慣れていない

小さな頃から抱っこをされ慣れている猫に比べ、保護した猫の場合は抱っこされることに慣れていなく、何をされるのかわからず怖がっている場合があります。特に信頼関係がまだ築けていない段階では、猫から見れば身体の大きい私達は恐怖や不安の対象である場合があります。抱っこしようとした時に逃げたり暴れたりする場合は無理に抱っこをせず解放してあげましょう。

 抱っこに嫌な思い出がある

猫はとても嫌な思いをした経験を覚えています。それは猫を抱っこしたまま病院にいって注射をしたり、抱っこしたままシャンプーをしたりなどした経験です。そのため、抱っこをされる=嫌なことをされると感じそこから逃げようと暴れたり鳴いたりしてしまうようになります。

 嫌な匂いがする

猫の嗅覚は私達に比べとても優れているため、私達にとっては気にならない匂いやいい匂いであっても、猫にとっては嫌な匂いである場合があります。特に猫が嫌いと言われる柑橘系の匂いがする香水や柔軟剤、煙草の匂いには気を付けるようにしましょう。

猫が嫌がらない抱き方

 安定させて猫が不安にならない様にする

猫を抱く時に大事なことは、猫の胴体を支えて安定させることです。抱き上げる時は猫の両脇の辺りをはさんで持ち上げるか、片手を前足の付け根辺りに添え、もう片方の手で首の後ろをつまんで持ち上げますが、最初の内は立ったままではなく座った状態で膝の上に素早く乗せましょう。その後、腕を猫の前足からお尻の方へ回してしっかり抱え、もう片方の手は猫の胸のあたりに優しく添えましょう。猫は飼い主と密着している方が安心しますので、猫の身体を自分の方に引き寄せ安定させましょう。

 猫の上体を自分の肩に乗せる

猫によってはお腹が見える体制が嫌な子もいるため、その場合は猫と向き合い自分の肩に猫が前足を乗せるような形にしてお尻をしっかり支えてあげましょう。この体制でケアをすることは出来ませんが、猫が抱っこされることに慣れるための方法のひとつです。この抱き方の場合、そのまま背中に乗ってしまう子もいますが、無理矢理引っ張って降ろしたり立ち上がって後ろに飛ばすような行動をしてしまうと、次に抱っこしようとしても嫌がるようになってしまいますので、しゃがんで前かがみになり猫自身が自分で降りられるようにしてあげましょう。

猫が抱っこされることを好きになる方法

猫が抱っこされるのが好きになるタイミング

 高い位置で抱くより座って抱く

猫は自分で高い所に行くのは好きですが、持ち上げられることには不安を感じてしまいます。なるべく座って低い位置で猫に不安を感じさせない様にしましょう。また、ひざ掛けなどを敷いておくと暖かくて猫も気持ちよくなるかもしれません。

 抱っこしている時に撫でてあげる

猫は嫌な経験も覚えていますがいい経験も覚えますので、抱っこされると飼い主が撫でてくれたり、ブラッシングしてくれることを覚えると抱っこ好きになってくれます。

 気温が低い時間に抱く

猫は暖かい環境を好みますので、部屋の温度を少し低めにして飼い主に抱っこされると暖かいということを猫が覚えると猫の方から飼い主の膝に乗ってくることがあります。最初のうちは無理に抱っこせずに猫が自分の温もりを感じてくれるようにし、徐々に抱っこに慣れさせていきましょう。

 機嫌のいい時に抱く

寝ている時に無理やり抱いたり、嫌がっているのにいつまでも離さないということを繰り返していると、猫は抱っこされるのを嫌がるようになってしまいます。猫の機嫌がいい時に抱くようにし、嫌がった場合はすぐに離してあげるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。抱っこされるのが嫌な猫であっても、爪を切ったり歯を磨いたりなどのケアをする際には抱っこをしなければならない時があります。愛猫にとってどのような抱き方をするのが一番落ち着き、ストレスを与えないのかを把握し、少しずつ慣れさせていくようにしましょう。今までは抱っこが好きだったのに急に嫌がるようになった場合は、病気や体調不良が原因の場合がありますので、トイレの状態や飲食の状態を見て気になるようでしたら動物病院に連れて行ってあげて下さいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和