猫について

飼い主が猫にやってはいけない行動

猫と一緒にいると可愛くてついついやってしまう飼い主の行動の中には、猫にとって良くない影響を与えるものがあります。この記事では飼い主が猫にやってはいけない行動についてまとめてみました。
飼い主が猫にやってはいけない行動
目次

猫の健康や寿命に影響を与える行動

猫の健康や寿命に影響を与える行動

 おやつを与えすぎる

最近のペットフードは良質なものが多く、おやつをあげなくても必要な栄養を十分に取ることが出来るため、たまにご褒美として与える程度ならいいですが、猫が欲しがる度に与えていると肥満や病気の原因になってしまいます。

 人間の食べ物を与える

人間には全く影響が無くても猫にとっては中毒を引き起こす食べ物は意外に多く、人間の食べ物は猫にとっては総じて塩分が強く味が濃いものが多いため腎臓病の原因となります。

 タバコを吸う・部屋中に香りを満たす

タバコは周囲の人間に影響を与え、人よりもずっと身体の小さい猫にも大きな影響を与えます。煙を能動的に吸うことに加え、ニコチンがついた被毛をグルーミングによって体内に取り入れてしまうため、ガンなどの病気の原因となります。また、人間にとってはいい香りであっても、優れた嗅覚を持っている猫には嫌な臭いと感じることがあります。特に柑橘系の香りが猫は苦手ですので、家中何かの香りで満たしたり香水をつけたまま猫を抱っこしたりするのは止めましょう。

 トイレを掃除せず放置する

猫はとても綺麗好きなため、面倒だからとトイレの掃除をさぼって放置していると、猫は排泄を我慢したりトイレ以外の場所で粗相をしてしまいます。猫がトイレを我慢してしまうと、膀胱炎や腎臓病、尿路結石などの原因となります。また、トイレの臭いが部屋に染みついてしまいますので、気が付いた時にすぐ掃除するように心掛けましょう。

 病院に行かない

猫は、飼い初めにはワクチン接種やノミ・ダニの駆除、その後定期的に健康診断を行くようにしましょう。腎臓など一度悪くしてしまうとその状態から治すことが出来ない病気などもあり、感染症予防や病気の早期発見にもつながります。

関連記事

猫にストレスを与える行動

猫にストレスを与える行動

猫はストレスを感じやすい動物です。ストレスが大きくなると脱毛したり病気の原因となってしまいますので、猫がある日を境に元気がなくなったり機嫌が悪くなったりした場合は、原因を把握し取り除いてあげるように心掛けましょう。

 部屋の模様替えをしたりおもちゃを処分する

部屋の模様替えは気分転換になりますが、猫にとっては引越しと同じように別の環境に移った様に思い不安を感じてしまいます。また、猫にとって愛着のあるおもちゃや寝具などを突然捨ててしまうと探してしまう子もいるため、部屋の模様替えは一部分のみを少しずつ変えてみたり、愛着のあるおもちゃや寝具は猫が代わりの物を愛用するようになったタイミングで処分するようにするなど工夫してみましょう。

 フードやトイレ砂を急に変える

与えていたフードを全く食べなくなったり、病気で療養食に変えなければならないなどどうしても変えなければならない場合もありますが、それ以外の時は急にすべてを変えず前のフードにまぜて与えるようにしましょう。トイレ砂についても、急に変わると猫が戸惑って排泄を我慢することがあるため、少しずつ混ぜる割合を変えて新しいものに入れ替えるようにしましょう。

 お手入れに時間がかかりすぎる

猫は拘束されることを嫌がりますので、ブラッシングや爪切り、歯磨き、シャンプーなどのケアは手早く行うように心掛けましょう。

 構いすぎる

忙しい飼い主さんの場合、自分の時間が空いている時にたくさん構おうとするかもしれませんが、猫にも気分や都合があります。構われたくない時に長時間抱っこされるなど猫が嫌な経験だと認識してしまうと、触られるのを嫌がったり不機嫌になってしまいます。なるべく平日、休日の変化をつけずに、同じ時間に猫との触れ合いや遊びの時間を作るようにしましょう。ただし、猫の方から「遊んで」と誘ってきた場合はいつもの時間ではなくても相手をしてあげましょう。

 喧嘩をする

猫は大きな声や音を怖いと感じてしまいます。家族や夫婦のあいだでよく喧嘩をする場合、猫にはストレスになっているかもしれませんので、喧嘩が終わったら必ず愛猫の様子を見るようにし場合によっては優しく声をかけたり撫でてあげたりなどのケアをするようにしましょう。

 去勢や避妊手術をしない

繁殖の予定がある場合は別ですが、繁殖の予定がない場合は適齢期がきたら去勢や避妊の手術をしてあげましょう。飼い主さんの中には愛猫に手術させるのは可哀そうと考える方もいるかもしれませんが、発情期に交尾出来ないストレスは肉体的にも精神的にもとても大きく、去勢や避妊をしないことで発症する病気やマーキング行為、鳴き声によるご近所からの苦情などの問題もあり、メスの場合は外に飛び出してしまった際に予定外の妊娠をしてしまうリスクもあります。愛猫の寿命を延ばすことにも繋がりますので、手術は飼い主の責任として行うようにしましょう。

猫との信頼関係に影響を与える行動

猫との信頼関係に影響を与える行動

 猫が呼んでいるのに無視する

野生の猫は鳴き声を使ったコミュニケーションはほぼしないと言われています。猫が鳴くのは、人間に対して何かを要求する時です。すべての呼びかけに答えるのは難しいですが、無視するのはよくありません。いくら呼んでも無視をされてしまうと猫は飼い主に対して不満や苛立ちを感じてしまいます。飼い主に注目して欲しくて悪戯したり粗相したりすることもありますので、すぐに応対出来ない時でもなんらかの反応を返すようにしましょう。

 猫をびっくりさせる

飼い主にとっては猫とのコミュニケーションのつもりかもしれませんが、私達でも頻繁にびっくりさせられるとあまり良い気持ちはしません。特に大きな声や音は猫は苦手ですので、そのような行為を繰り返していると信頼関係が失われ猫は逃げたり隠れたりするようになってしまいます。

 フードやおやつをあげるフリをする

やっている本人は楽しいかもしれませんが、猫にはそのような行為は楽しいものではありません。フードやおやつをくれるのかくれないのかわからずイライラして、噛みついてくることもあるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。おやつをついつい与えてしまったり時間のある時に構いすぎたりなど、普段何気なくやってしまっている行動があるかもしれません。愛猫が長生きすることやお互いより良い生活を過ごせることを考え注意するよう心掛けましょうね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和