猫について

猫は夜行性なのか?

猫の目が暗闇で見ると緑色に光っていたり、薄暗い場所でも物にぶつからずに歩けることから「猫は夜行性」と思われがちですが、実際のところの活動時間は夜中ではないようです。猫は夜行性なのかについてもっと詳しく見ていきましょう。
猫は夜行性なのか?
目次

猫の活動時間

猫の活動時間

猫を飼っていて一緒に寝ている方はご存じかと思いますが、猫は真夜中に活発的に行動しているのかと聞かれれば、そうではないとお答えになるのではないでしょうか。実際、猫は飼い主が寝ている真夜中は寝ています。空が明るくなる頃に「ご飯が欲しい」と鳴いて起こされたり、冬の寒い日には「寒いから布団に入れて欲しい」と鳴いて起こされるといった経験をお持ちかと思います。もともと猫はネズミなどから穀物などを守るために飼われるようになった動物なので、夜行性であるネズミなどの小動物が動き始める夕方や鳥などが活動し始める明け方に活発に動きます。しかし、人と共生してきた猫は人間の生活パターンに合わせて生活をすることが多く、飼い猫は飼い主と同じように昼間に活動して夜は熟睡し、野良猫は人間や車などが多い昼間に寝て夜に活動する傾向があるようです。

猫の睡眠時間

猫の睡眠時間

猫の睡眠時間は平均で12~16時間ほどで、1日の半分以上を寝て過ごします。しかし、日中寝ているように見えても少し物音がしただけですぐに反応することもあり、実際には深い眠りについているのではなく、何かあった場合にすぐ動くことが出来るように体力を温存しているだけなのです。

猫が夜に走り回るのはなぜ?

猫が夜に走り回るのはなぜ?

猫は夕方や明け方がもっとも活発に動く時間ですが、飼い猫の中には夜になると運動会のように走り回る子がいます。これは、普通であれば起きている日中に飼い主が仕事などで出かけていて、退屈してしまった猫が昼寝をたくさんしているからかもしれませんし、日中飼い主に遊んでもらえなかった分、今遊んで欲しいとアピールしているのかもしれません。また、去勢や避妊をしていない猫の場合は発情期かもしれません。去勢や避妊をしていない猫は、夜に相手を求めて動き回ったり鳴いたりすることが多いので、繁殖を考えていない場合は早めに去勢や避妊の手術をするようにしましょう。

猫が夜に走り回るのを防ぐには

猫が夜に走り回るのを防ぐには

猫はある程度年を取ると行動が落ち着いてくるため、夜に走り回ることも少なくなってきますが、若猫のうちは体力があるためなかなか落ち着いてくれないこともあります。飼い主は仕事から疲れて帰ってきて一休みしたいところだとは思いますが、夜の運動会をさせないためには帰宅後に猫と一緒に遊んであげる時間を作るように心掛けましょう。また、走り回るよりもジャンプする方が体力を消耗するため、上下運動が出来るキャットタワーを設置してあげると、日中タワーで遊んでくれるかもしれません。運動に加えて寝る前にご飯を与えるようにすることは、狩りで捕まえた獲物を食べてから寝るという猫の本能に従った方法でお腹をいっぱいにさせて寝てもらうのもいいかもしれません。ただし、夜にご飯を与えることで食べ過ぎにならない様に調整が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。猫は夜行性ではなく、もっとも活発に動くのは夕方と明け方です。ですが、一緒に暮らす飼い主の生活パターンに合わせて生活するようになるため、お互いが寝不足になったりストレスを溜めたりしないように工夫をして充実した猫ライフを過ごしてくださいね。

© 2021 ねこ日和