猫について

猫の黒目が丸くなる理由

猫の黒目が明るい場所では縦に細長くなり、暗い場所では真ん丸になることはたくさんの方が知っていらっしゃると思います。でも、明るい場所であっても黒目が真ん丸になる時があることをご存じですか?それはどんな時なのかをまとめてみました。
見上げる猫

目次

猫の黒目が真ん丸になるのはどんな時

 興奮している時

追いかけっこをしている時やおもちゃで遊んでいる時、猫の黒目は興奮して真ん丸になっています。

 驚いた時

突然大きな音がした時など驚いた時には、猫の黒目は真ん丸になっています。また、驚いた後に恐怖を感じる時にも黒目はそのまま丸くなっています。恐怖を感じている時には、尻尾が太くなったりと別の箇所からも感情を見ることが出来ます。

 興味がある時

小さな虫などを見つけて興味を惹かれると猫の黒目は真ん丸になります。動いている物が何かわからない時はさらに興味が湧いて目を真ん丸にして対象のものを見つめます。

 不快に感じた時

抱っこされたりしつこく撫でられたりして猫が不快に感じた時、黒目は真ん丸になります。この場合は、イカ耳になったり前足をつっぱったりと別の箇所からも感情を見ることが出来るため、解放してしばらくそっとしておいてあげましょう。

猫の黒目が真ん丸になるしくみ

猫の目

猫の黒目が明るい場所でも真ん丸になる時には、その時の猫の感情が関係しています。猫の目の筋肉を支配する神経は、黒目が真ん丸になる時には交感神経が働き、細くなる時は副交感神経が働いています。また、感情によって黒目が真ん丸になる時には、副腎髄質からアドレナリンというホルモンが分泌されます。

病気が考えられる場合

猫の目は明るい時と暗い時で変化する場合は瞳孔を細くしたり丸くしたりして取り込む光の調節をしたり、その時の感情によって変化することがありますが、光の明暗に関係なく長時間瞳孔が開いたままの状態でいる時には病気の可能性が考えられます。猫の様子を見て、瞬きが多い、目を気にしてよく擦る、物にぶつかる等、おかしいと感じた時は動物病院に連れて行ってあげましょう。

 白内障

眼の奥にある透明な水晶体の一部、もしくは全部が白く濁ってしまい、視力が低下する病気です。

 緑内障

眼球の内圧が高くなることで、網膜や視神経が圧迫され視覚障害を起こす病気です。

 進行性網膜委縮(変性)症

眼の奥にある網膜が萎縮や変性してしまい正常な機能を果たさなくなる病気です。

 慢性腎不全

眼の病気ではありませんが、高血圧になるため眼底出血や網膜剥離などの症状が見られる場合があります。

関連記事

まとめ

いかがでしたでしょうか。猫と会話は出来ませんが、猫はいろいろな部分を使って感情を私達に伝えています。瞳孔の大きさでも感情がわかる場合がありますので、愛猫とのコミュニケーションを取る際の参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。