猫の種類

セイロンキャットについて

セイロンキャットは、スリランカのセイロン島で見つかった猫で、人懐っこい性格に魅了されたイタリアの獣医が母国に連れ帰り育てた猫種です。
セイロンキャットについてもっと詳しく見ていきましょう。
 

♦基本情報♦

 

原産国:スリランカ

被毛のタイプ:短毛種

体重:3~5㎏

体長:30~35㎝

寿命:15歳前後

公認団体:FIFe

セイロンキャット
目次

セイロンキャットの歴史

セイロンキャットの歴史は、1984年にあるイタリアの獣医がスリランカのセイロン島を旅行していた際に偶然出会った猫が始まりとなりました。見た目はアビシニアンのようなティックドコートを持っていたその猫は、野良猫とは思えないほど人懐っこい性格をしており、魅了された獣医は母国に数匹連れ帰りました。母国に帰った後、その年に行われたコモ(イタリアの都市の1つ)・キャットショーにその猫達を出場させたところまずまずの評価を得ることが出来たため、品種として確立することを決め4年間に及ぶ育種計画が立てられました。1988年にスウェーデンにあるヨーロッパ最大の猫血統登録団体であるFIFeに登録申請が出され、出身地であるセイロン島にちなんで「セイロンキャット」と名付けられました。別名で「セロニース」とも呼ばれ、近年イタリアで人気が高まっています。

関連記事

セイロンキャットの特徴

セイロンキャットの特徴
セイロンキャットの身体は、スレンダーですが筋肉がついた健康的な体型をしており、尻尾は長くて真っすぐな個体が多いです。顔もスリムで丸い目とピンと立った大きな三角形の耳を持っています。美しい被毛はアビシニアンとよく似ており、1本の毛の中に複数の色が入っている「ティックド」の被毛で足には縞模様が入っていることから「野生のアビシニアン」と呼ばれることもあります。

セイロンキャットの性格

 人懐っこくて友好的

セイロンキャットは、野生的な見た目に反してとても人懐っこい性格をしているため、お子さんや他のペットがいるご家庭でも上手く暮らすことができます。特にオスは、自分のニオイを擦り付けることで「自分のテリトリー」をアピールするため、飼い主に頭を擦り付けてきた場合「自分のもの=大好き」アピールなので、とても愛情が湧いてくると思います。

 活発でいたずら好き

セイロンキャットは運動量が多く活発に動き回ります。頭が良いためしつけが楽ですがいたずら好きでもありますので、カーテンに登ってしまったり、家具で爪とぎなどをしてしまわないように室内環境を整え、やってはいけないことは根気よく教えてあげましょう。

セイロンキャットの被毛や目の色

セイロンキャットの被毛や目の色
セイロンキャットの被毛は短毛で、抜け毛はそれほど多くありませんが独特の艶やかで触り心地が良い被毛を保つため1週間に1回はブラッシングしてあげましょう。換毛期は抜け毛の様子を見て回数を増やしましょう。カラーは、ゴールド、レッド、ブルー、クリーム系などのティックドコートがあり、ゴールドにブラックが混じっている被毛は「マニラ」と呼ばれています。
目の色は、グリーンやゴールドです。

関連記事

セイロンキャットのかかりやすい病気

 腎不全

腎臓が徐々に炎症を起こして機能が低下していく病気です。

 毛球症

グルーミングなどにより飲み込んでしまった被毛をうまく排出出来ないことによって発症する病気です。

セイロンキャットを飼うのに気をつけること

セイロンキャットを飼うのに気をつけること

 ストレスに気を付ける

セイロンキャットは、とても人懐っこく友好的な性格のため子供や他のペットとすぐに仲良くなることができますが、飼い主が放ったらかしにしすぎたり、いつも留守番ばかりでいるとストレスを抱えてしまいます。時間のある時にはおもちゃで遊んであげたり、コミュニケーションを兼ねて丁寧にブラッシングをしてあげたりしましょう。

 室内環境

セイロンキャットは、もともと野生猫であったため活発で運動好きです。走り回れる空間とキャットタワーを用意してあげましょう。高温多湿な気候で育ったセイロンキャットは、比較的暑さには強いですが寒さにはとても弱いと言われています。特に冬季は風邪を引かない様に室内を暖かくしてあげましょう。

セイロンキャットの動画

セイロンキャットの魅力を言葉だけではなく、映像で紹介します。


引用元:Ceylon the smartest cat

まとめ

セイロンキャットは、日本ではあまり認知されていないためあまり見かけることが無く、入手が困難です。しかし、見た目が似ているアビシニアンは日本では人気のある猫種であり、イタリアでも人気が高まってきている猫種のため、多くの人が存在を知ったら日本でも見かけることが多くなるかもしれないですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和