猫の種類

コラットについて

コラットは落ち着いた色合いでティッピングの入ったブルーの美しい被毛を持ち、性格は大人しく丸みのある体型が愛らしい小さめの猫種です。
コラットについてもっと詳しく見ていきましょう。

♦基本情報♦

原産国:タイ

ボディタイプ:セミコビータイプ

被毛のタイプ:シングルコートの短毛種

体重:オス 4~6㎏
   メス 3~5㎏

寿命:11~15歳

公認団体:TICA、CFA、FIFe、GCCF

コラット
目次

コラットの歴史

コラットの歴史
コラットは、サイアミーズやバーミーズとともに古くから存在するタイが原産国の自然発生した猫種です。
アユタヤ王朝時代の文献に高原のコラット地方にいる「シ・サワット」(幸運と名声をもたらす猫)という銀灰色の猫の話が書かれており、その被毛色を持つコラットは幸運と繁栄の象徴と呼ばれています。
1966年にアメリカで正式な猫種として認定されたのを機に、西洋の一般家庭でも飼育されるようになりました。
コラットは、同じ銀灰色の被毛を持つロシアンブルーやシャルトリューと並び、「ブルー御三家」と称されている猫種でもあります。

関連記事

コラットの特徴

コラットの主な特徴としてあげられるのは、ハート型の頭部とがっしりとした筋肉質の身体です。
身体の発達は遅めのため、美しい銀灰色の被毛と瞳の色が完成するのに2~4年ほどかかります。
見た目は「ブルー御三家」であるロシアンブルーやシャルトリューとよく似ています。
目の色が違うシャルトリューは違いがわかりやすいですが、コラットはロシアンブルーより丸みのある体型をしていて、シングルコートの被毛であるため抜け毛が少ないのが違いとなります。

ブルー御三家の比較

コラット コラット

原産国:タイ
体型:セミコビータイプ
被毛:落ち着いたブルーのシングルコート
目の色:グリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド

ロシアンブルー ロシアンブルー

原産国:ロシア
体型:フォーリンタイプ
被毛:明るいブルーのダブルコート
目の色:エメラルドグリーン

シャルトリュー シャルトリュー

原産国:フランス
体型:セミコビータイプ
被毛:ブルーグレーのダブルコート
目の色:ゴールド、オレンジ、カッパー

関連記事

コラットの性格

コラットの性格

 大人しくてマイペース

大人しくほとんど鳴かないのでマンション飼いには適しています。
飼い主の膝の上で寝たり、そばで喉を鳴らしていたりとのんびりと過ごすことが多いようです。
ただし、マイペースな面もあり機嫌よく遊んでいたかと思ったら急に怒り出したりなど、気まぐれで猫らしい面も持ち合わせています。

 知的で物覚えが良い

コラットは、「聴覚」「嗅覚」「視覚」が優れており、物覚えが良い猫として知られています。
そのため、飼い主のすることをよく見ていて、ドアを開けてしまったり、水洗トイレの水を流してしまったりすることもあるようです。

 甘えん坊で束縛心が強い

コラットは、甘えん坊で飼い主を束縛したがる性格です。
プライドが高く、飼い主が構ってあげないと拗ねてしまうため、留守の多いご家庭や多頭飼いには不向きかもしれません。

コラットの被毛や目の色

コラットの被毛や目の色
被毛色は、落ち着いた色合いで光の加減によって色が変わるティッピングの入ったブルーのみとされていますが、ライラック色やポイントが入った被毛の個体も生まれており、近年ではそれらを別の猫種にさせようとする動きがあるようです。
目の色は、グリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールドですが、特に宝石のペリドットのような色のグリーンの目を持つコラットは人気が高いようです。

関連記事

コラットのかかりやすい病気

コラットのかかりやすい病気
コラットは、自然発生した猫種のため比較的身体が丈夫と言われています。
特に注意が必要なのは「ガングリオシドーシス」ですが、その他は一般的な猫が高齢になると発症しやすい病気です。

 ガングリオシドーシス

細胞内の糖脂質をうまく代謝できないことによって、糖脂質の一種である「ガングリオシド」が様々な組織に蓄積されて起こる遺伝性疾患です。
若齢期に発症し進行性神経筋機能障害と発育不全が現れます。

 尿路結石症(尿石症)

腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結石や結晶が出来、傷つけたり詰まったりすることで血尿が出たり、膀胱炎を引き起こしてしまう病気です。

 子宮蓄膿症

避妊手術をしていないメス猫の子宮内部に膿が溜まってしまう病気です。

 腎不全

炎症によって腎臓の機能が徐々に低下していく病気です。

関連記事

コラットを飼うのに気をつけること

コラットを飼うのに気をつけること

 体重管理

コラットはがっしりした筋肉質の身体を持ち、活発で高いところに登ることが好きです。
十分に動き回れる空間の確保や、キャットタワーを設置しましょう。
また、運動不足になると太りやすい体質でもあるため、体重が増えすぎないように食事の内容や量を調節するなどの管理が必要です。

 温度管理

コラットの被毛はシングルコートのため抜け毛は少ないのは楽ですが、アンダーコートを持たない分寒さには弱いです。
特に冬はエアコンや電気マットなどで寒くならないように、環境を整えてあげてくださいね。

 コミュニケーションをしっかりとる

コラットは、甘えん坊で飼い主を独占したがります。
いつも留守にしていて構わないでいるとストレスを抱えてしまうかもしれません。
また、頭が良い猫のため飼い主がいない間にいろいろ悪戯をしてしまう可能性もあります。
時間のある時には思い切り甘やかして、たくさん遊んであげてくださいね。

コラットと一緒に暮らすには

アビシニアンと一緒に暮らすには
美しい銀灰色の被毛を持つコラットは、日本では入手が難しい猫種です。
ペットショップではほとんど見かけることがないと思いますが、ブリーダーからなら数は少ないですが国内でも入手可能です。
価格は年齢によってさまざまですが、15~30万くらいのようです。
数少ないブリーダーから入手することが難しい場合は海外から輸入という選択肢もありますが、現地まで行って実際に子猫を見ることも難しく、諸手続きなどの費用も含めてかなり高額になる可能性があります。

コラットの動画

コラットの魅力を言葉だけではなく、映像で紹介します。言語は英語ですが、映像だけでも楽しめると思います。


引用元:Cats 101- Korat

まとめ

コラットは、大人しくて頭が良いためマンションで飼うのに適した猫種です。
多頭飼いよりは、1匹で静かな環境で飼い主といつも一緒にいることが好きです。
日本ではまだ希少なため滅多にお目にかかれないですが、もし飼う機会があったなら、思い切り甘やかして大切に育ててあげてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。

© 2021 ねこ日和