猫の種類

ぬいぐるみのような大型でもふもふな長毛の猫種

いろいろな猫種を紹介してきましたが、数が多すぎるため似たようなタイプ別にまとめてみました。今回は大型の長毛種です。個別の詳細については、名前または写真をクリックして見ることが出来ます。
長毛種
目次

大型の長毛15種

 メインクーン

メインクーン 原産国:アメリカ
体重:オス 6~8kg、メス 4~6kg
寿命:12~14歳
被毛:ダブルコート
特徴:耳の中にはタフト(房毛)があり、先端にはリンクスティップス(飾り毛)がある
入手難易度:入手しやすい

 ラグドール

ラグドール 原産国:アメリカ
体重:オス 5~7.2kg、メス 4.3~5.7kg
寿命:14~16歳
被毛:ダブルコート
特徴:特徴的なポイントカラーを持ち、被毛は白い部分が多く目はブルーのみ
入手難易度:入手しやすい

 ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット 原産国:ノルウェー
体重:オス 4.5~8kg、メス 2.8~6.5kg
寿命:11~14歳
被毛:ダブルコート
特徴:耳の中や足の指の間にタフト(房毛)がある
入手難易度:入手しやすい

 サイベリアン

サイベリアン 原産国:ロシア
体重:オス 6~10kg、メス 4.5~9kg
寿命:10~15歳
被毛:トリプルコート(ダブルコートもあり)
特徴:猫アレルギーが出にくい
入手難易度:入手しやすい

 ラガマフィン

ラガマフィン 原産国:アメリカ
体重:オス 6.8~9kg、メス 4.5~7kg
寿命:10~13歳
被毛:ダブルコート
特徴:抱っこされるのが好き
入手難易度:入手しやすい

 バーマン

バーマン 原産国:ビルマ
体重:オス 4.2~7kg、メス 3~5kg
寿命:10~13歳
被毛:シングルコート
特徴:ポイント柄と靴下模様で目はブルーのみ
入手難易度:入手困難

 オイイーボブ

オイイーボブ 原産国:アメリカ
体重:オス 5.4~7.2kg、メス 3.6~5.4kg
寿命:不明
被毛:短毛種も有
特徴:サイアミーズ(シャム)×マンクス
入手難易度:入手困難

 ネヴァマスカレード

ネヴァマスカレード 原産国:ロシア
体重:オス 7~8kg、メス 5.5~6kg
寿命:11~15歳
被毛:
特徴:猫アレルギーが出にくい
入手難易度:入手困難

 ヨークチョコレート

ヨークチョコレート 原産国:アメリカ
体重:オス 6.3~7.2kg、メス 4.5~5.4kg
寿命:不明
被毛:セミロング
特徴:耳の中にはタフト(房毛)がある
入手難易度:入手困難

 アメリカンポリダクティル

アメリカンポリダクティル 原産国:アメリカ
体重:4~7kg
寿命:12~16歳
被毛:短毛種も有
特徴:指の数が多い
入手難易度:入手困難

 クリリアンボブテイル

クリリアンボブテイル 原産国:ロシア
体重:オス 4~8kg、メス 3~6kg
寿命:11~15歳
被毛:短毛種も有
特徴:尻尾が短い
入手難易度:入手困難

 デザートリンクス(デザートリンクスグループ)

デザートリンクス 原産国:アメリカ
体重:4.5~8kg
寿命:12~15歳
被毛:短毛種も有
特徴:尻尾が短く、耳と指の間にタフト(房毛)がある
入手難易度:入手困難

 ハイランダー(デザートリンクスグループ)

ハイランダー 原産国:アメリカ
体重:オス 7~10kg、メス 4~6kg
寿命:12~15歳
被毛:短毛種も有
特徴:外向きにカールした耳を持つ
入手難易度:入手困難

 アルパインリンクス(デザートリンクスグループ)

アルパインリンクス 原産国:アメリカ
体重:4.5~8kg
寿命:12~15歳
被毛:短毛種、巻毛種も有
特徴:被毛は白で尻尾が短く、耳と指の間にタフト(房毛)がある
入手難易度:入手困難

 モハーベボブ(デザートリンクスグループ)

モハーベボブ 原産国:アメリカ
体重:4.5~8kg
寿命:12~15歳
被毛:巻毛種(短毛種も有)
特徴:尻尾が短く、耳と指の間にタフト(房毛)がある
入手難易度:入手困難

大型の長毛種に共通する特徴と性格

大型の長毛種に共通する特徴としては、成長するまでに3~4年ほどかかるため見た目が子猫のような時期が長いことです。また、ダブルコートの猫種が多いため抜け毛が多くお手入れがやや難しいことがあります。性格は比較的大人しい個体が多く、中には抱っこが好きな子もおり、初めて猫を飼う方でも飼いやすいと言われています。

大型の長毛種に共通するかかりやすい病気

尿路結石症(尿石症)と腎不全については、猫全般がかかりやすい病気のため除外しています。

 肥大型心筋症

大型の猫は心臓に負担がかかりやすいと言われています。肥満になりやすいタイプの猫種も多く、肥満になると更に心臓への負担が大きくなり、肥大型心筋症を起こしやすくなります。

 毛球症

長毛の猫種は抜け毛が比較的多いため、ブラッシングを怠るとグルーミングによって被毛を飲み込むことが多くなり、上手に排出出来ない子は毛球症を発症してしまいます。

 熱中症

大型の長毛種は寒冷地で育った猫種が多く被毛も密集していて厚いため、日本の夏の暑さと湿度の高さに弱いと言われています。

 外耳炎

耳にタフト(房毛)が生える猫種が多いため、汚れやすく外耳炎になりやすいです。

関連記事

大型の長毛種を飼うのに気をつけること

日本猫(和猫)を飼うのに気をつけること

 ストレスに気を付ける

大型の長毛種は人懐っこく寂しがり屋な性格の子が多いです。長時間留守番をさせたり、構ってあげない時間が長いとストレスを溜めてしまいます。耳の掃除やブラッシングなど必要なお手入れを通じてコミュニケーションを取るように心掛けましょう。

 室内環境

大型の長毛種は活発で運動量が多い子は食事の量が多く、大人しい子は運動不足で肥満になりやすい傾向があります。大きな身体でも走り回れる広い空間と体重に耐えられる丈夫なキャットタワーを用意してあげ、時間がある時はおもちゃを使って遊んであげるようにしましょう。また、体重を測り食事の量を調節するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。大型の基準としてオスの大きい子で7kgを超える猫種をピックアップしてみました。お気に入りの子を見つける際の参考になりましたら幸いです。

© 2021 ねこ日和