猫の行動

猫のけりけり

猫のけりけりは側で見ていると可愛いのですが、実際に自分がされてみると意外に痛いものです。このけりけりは、獲物を捕らえてから前足で抑え後ろ足でダメージを与える狩猟行動の名残です。
猫のけりけりについてもっと詳しく見ていきましょう。
猫のけりけり
目次

猫のけりけりとは

猫のけりけりとは、獲物を捕らえてから前足でホールドして抑え、後ろ足でダメージを与える攻撃をする狩猟行動の名残です。けりけりの最中は猫は興奮しており、後ろ足の攻撃も左右の足を交互に何度も繰り返してくるので、自分の腕などを標的にされた場合は結構痛いものです。猫のジャンプを見て「そんな高い所までジャンプ出来るのか」と驚いたことはないでしょうか。猫の後ろ足は前足よりも力が強く、ジャンプの際のバネの役割をし自分よりも5倍ほどの高さを飛ぶことが可能なのです。その力強い後ろ足のキックは本来では狩りで使われるものであるため、痛いのは当然のことなのです。

猫がけりけりをするのはどんな時?

飼い猫はけりけりをして獲物を捕まえなくても飼い主からご飯が貰えます。では、どんな時にけりけりするのでしょうか。

 狩りの練習を兼ねた遊び

猫がけりけりをする理由の1つに「狩りの練習」があげられます。おもちゃなどで遊んでいたり猫同士でじゃれあっている際に、猫の本来持っている狩猟本能が目覚めてしまいけりけりします。子猫同士の場合などは互いにけりけりをすることによって力加減を覚えていきます。多頭飼いのご家庭では成猫になってもすることがありますが、お互いにじゃれあっている場合が多いため下手に手を出さない方がいいです。

 遊んで欲しい

猫が飼い主にけりけりする理由に、遊んで欲しいと思っていることがあります。飼い主と遊んでいるうちに興奮してしまい、狩猟本能が目覚めてけりけりしてきたり噛みついてきたりすることもあります。遊んで欲しい場合は噛んできても甘噛みであることが多いですが、まれに興奮しすぎて力加減を忘れることもありますので、そういう時は親猫や兄弟猫の代わりに、猫から一時的に離れて落ち着かせるなどして飼い主が「痛いよ」ということを教えてあげましょう。

 嫌な時

猫が飼い主にけりけりする理由の2つめとして、嫌だと思っていることがあります。嫌がっているのにしつこく構ったり、触られたくない箇所を触られたりするとけりけりしてくることがあります。上記とは全く違う意味になりますが、嫌な時はけりけりの他に耳が後ろにピンと立っていて所謂「イカ耳」になっていたり、尻尾をパタパタと大きく振っていたりと別の箇所にも気持ちが現れています。拒絶の気持ちがあるので遊んで欲しい時より力が強めで飼い主が怪我をする場合もあるため、そういう時は嫌なことをすぐに止めてそってしておいてあげましょう。ただし、お腹は急所で触られることを嫌がってけりけりしてくる子がいますが、お腹を触られたくない理由に病気が絡んでいる可能性もあるため、便秘や下痢をしていないかや食欲が落ちていないかなどの様子も見るようにしましょう。また、薬を飲ませるなど嫌がっていてもしなければいけないこともあるため、そのような場合はかかりつけの病院に薬の飲ませ方などについて相談してみましょう。

 ストレス発散

猫はストレスを溜めやすい動物と言われています。要求が通らなかったり、窓の向こうにあるものが掴めなかったりしてイライラすると何かに当たりたくなりけりけりすることがあります。ストレス発散の場合は、途中で止めてしまうと更にストレスを溜めてしまうため、出来ればそのまま発散させてあげましょう。クッションやマットをボロボロにされたくない場合は、けりけり用の「けりぐるみ」を1つ用意してもいいでしょう。ただし、けりぐるみに見向きもしない子もいますので、その点はご了承ください。

関連記事

猫のけりけりを止めさせるには

猫のけりけり

猫が飼い主の腕や足にけりけりしてくると、思った以上に痛いことがあります。猫が興奮して力加減が調節出来ずにいる場合がありますので、その時は我慢せずに止めさせるようにしましょう。ただし、怒鳴りつけたり叩いたりするのはNGです。

 おもちゃを使って気をそらせる

猫がけりけりしてきて痛いと感じたら、別のおもちゃを見せて気をそらしてみましょう。そちらを気にして前足のホールドが解けたらその隙に腕や足を猫から離しましょう。

 猫から離れる

猫が痛いけりけりをし始めたら、言い聞かせるように静かに叱るか無視をしてしばらく猫から離れてみましょう。繰り返すことで、「けりけりをしたら飼い主が遊んでくれなくなる」ということを認識させましょう。

 猫が嫌がることを止める

猫が嫌がってけりけりしてくる場合は、嫌がることをすぐに止めましょう。

 猫が嫌がることをする

上記とは全く逆になりますが、顔に息を吹きかけるなどをすることで「痛いけりけりをすると飼い主が嫌なことをする」と認識させることで止めさせます。ただし、この方法は猫に嫌われる可能性があります。

けりけりしない猫もいる

 性格によってはけりけりしない子もいる

けりけりは猫の狩猟行動の名残のため、穏やかでハンター気質の薄い性格の子はけりけりしないこともあるようです。

猫のけりけりの動画

猫のけりけりの動画を見てみましょう。へそ天からの怒りのけりけりです。最後のポーズもとても可愛い猫ちゃんです。


引用元:お昼寝を邪魔されて短い足で爆裂キックをおみまいするマンチカンが可愛い!

まとめ

いかがでしたでしょうか。猫のけりけりは狩猟行動の名残で猫の本能の一部のようなものですので、いろいろな対策をして上手に付き合っていくようにしましょう。

© 2021 ねこ日和