猫について

猫の爪について

爪切りが好きな猫というのはあまり聞いたことがありません。
ほとんどの飼い主さんは、猫が嫌がって暴れるので大変と感じるのではないでしょうか。
今回はそんな猫の爪についてまとめました。
猫の爪
目次

猫の爪の構造

 猫の爪の内側

猫の爪をよく見ると、内側と外側の二層構造になっており、クイックと呼ばれるピンク色の部分を見ることができます。
ここには神経と血管が通っているため、爪切りの際にはクイックより外側の白い部分のみ切ります。

 猫の爪は剥がれる

猫の爪は見た目にはピンクの部分と白い部分しかわからないですが、実は何層にも重なっているため、古くなった爪は脱皮する様に剥がれます。
猫の爪が落ちていたら、「怪我をした?」と驚くかもしれませんが普通のことなので問題ありません。

 猫の爪は前足の方が成長が早い

猫の前足は獲物を捕らえる重要な役割を果たすため、生え変わりが早くいつも鋭い状態を保とうとします。
後ろ足は足ったり踏ん張る時には使いますが、前足ほど重要な役割を持たないため成長が遅いと言われています。

 猫の爪は大きくなる

爪の長さに合わせてクイック部分の血管が成長するため、爪のほんの先端部分しか切らない場合は血管が成長してしまい、大きくなりやすいと言われています。

猫の爪とぎの理由

 古くなった爪を剥がすため

古くなった爪は割れてしまうため、猫はそれを爪とぎをしたり噛んだりして剥がします。
爪は獲物を捕ったり自分の身を守るために必要なので、猫はいつでも新しい鋭い爪にしようとします。
古い爪を剥がさない場合、伸びた爪が巻き爪になって怪我をしてしまうこともあります。

 マーキング

猫の肉球には匂いを放つ臭腺(しゅうせん)があるため、爪とぎをすることでその匂いをつけて縄張りを主張しています。

 構ってほしいため

飼い主の関心を惹くために音を立てて爪とぎをすることもあります。

 気分転換

ストレスを感じた時など、気分転換に爪とぎする場合があります。

猫の爪切りの必要性

 巻き爪の予防

老猫で爪とぎをあまりしない猫や飼い主が定期的に爪切りをしない場合、古い爪が剥がれ落ちずに内側の爪が巻き爪になってしまい肉球を傷つけてしまうことがあります。
肉球にはたくさんの血管や神経が通っており、傷ついた場合出血してしまいます。
巻き爪は通常の爪よりさらに何層にも重なっているため、少しずつ切ってあげるようにしましょう。
また、深く肉球などに刺さるようになっている場合は動物病院で切ってもらいましょう。

 病気の予防

爪が伸びていると家具やカーペット、カーテンなどに爪がひっかかり根元から爪が折れて出血してしまうことがあります。
傷口から細菌が入ってしまうといろいろな病気を引き起こしてしまう可能性があります。
猫が爪を砥いだり噛んだりして自然に爪が剥がれた場合は出血しません。
出血が少なく猫が痛がっていない場合は、ぬるま湯で洗い爪の状態を確認し、血が止まって普通に歩けるようであればそのままにしておいても問題なさそうですが、歩き方がおかしかったり痛がっていたり、血が止まらない場合はすぐに動物病院に行きましょう。

 飼い主の怪我の予防

爪が鋭くなっていると飼い主と遊んでいる時や、猫が自分で耳や頭を掻いた時に傷つけてしまう可能性があります。
飼い主も猫自身もその傷口から細菌が入ってしまうと、みみず腫れになってしまったり皮膚炎になることもあるため、定期定期に爪を切るようにしましょう。

猫の爪の切り方

爪を切られる猫 猫はいつでも爪を鋭くしておきたいので、爪を切られるのを嫌がります。
前から切るよりは後ろから飼い主が抱きかかえるようにして、
出来るだけ時間をかけずに切ってあげるのが好ましいです。
暴れる猫には2人がかりで行ったり、
猫が爪を切るのを見えない様にして行う方法も有効です。

猫の手を優しく上下から挟むように押すと爪が出てきます。
・ピンクの部分のクイックには血管が通っているため、その部分から2mm以上離れたい位置で爪を切ります。
・クイックがどこまでかはっきりしない場合は、余裕を持って白い部分だけ素早く切ってあげてください。
・4本の指の上の方に親指がありますので、忘れずに切ってあげてください。
・後ろ足の爪は前足より成長が遅いため、伸びていて鋭くなっていると感じる時に切ってあげてください。

人間の爪は平たんですが、猫の爪は立体的で構造が全く異なりますので、人間用の爪きりで切るのはお勧めしません。
子猫で爪が柔らかい時にははさみタイプ、成猫はギロチンタイプが扱いやすくてお勧めです。

まとめ

猫の爪は何層にもなっていて、爪とぎをしたり噛んだりして古い爪を剥がします。
ですが、爪とぎをしていれば爪を切らなくていいというわけではありません。
生後2ヶ月くらいから慣れさせていけば、成猫になってもそれほど大変ではないかもしれません。
くれぐれもクイックを切らない様に注意してください。
痛い思いをしてしまうと、その後からの爪切りが大変になってしまいます。
定期的に爪の状態を確認してあげ、病気になったり怪我をしたりしないようにしてあげてくださいね。

© 2021 ねこ日和