猫の行動

猫はお尻をポンポンされるのが好き?

猫を撫でていると、身体の向きを変えてこちらにお尻を向けてきたり、尻尾の辺りを撫でていたら腰だけを持ち上げた体勢をしてくることはないでしょうか。
猫はお尻をポンポンされるのが好きなのかについてもっと詳しく見ていきましょう。
お尻をポンポンされる猫
目次

猫がお尻をポンポンして欲しい理由

猫のお尻や尻尾の周りには「仙骨」があります。この骨の中には神経が密集しているので、猫にとっては敏感に反応する部分です。

 飼い主への愛情表現

猫は、敵と見なしている相手にはお尻を見せません。そのため、飼い主に対して後ろを向いてお尻を見せる行動は飼い主を信頼している証となります。猫のお尻や尻尾の周りには神経が密集していてツボも集まっています。ツボと言っても人間の足の裏を強く押すような感じではなく、軽くポンポンと刺激を与える程度で十分です。

 気持ちがいい

お尻や尻尾の周辺にある神経には、生殖器に繋がっているものもあります。その神経を刺激されると気持ちがいいと感じるため、ポンポンして欲しいとねだる猫もいるようです。猫はねだる時にお尻を上に突き出すようなポーズをすることがありますが、これは交尾の時にメス猫がとる姿勢に似ているため、避妊手術をしていないメス猫がお尻ポンポンをねだることが多いようです。

 安心する

お尻ポンポンはメス猫ばかりが好きなわけではなく、オス猫でも好きな子がいます。ツボを刺激されて気持ちがいい場合もありますし、飼い主が猫の死角となる後ろにいることで安心しリラックスしていることも原因の一つです。飼い主が優しくお尻の辺りを撫でてあげるとそのまま寝てしまう子もいます。

猫のお尻をポンポンする時に気を付けること

お尻ポンポンされる猫

猫へのお尻ポンポンは力を入れすぎてはいけません。神経が密集している場所なので、猫が「痛い」や「嫌だ」と感じてしまうと逆に不機嫌になったり、築いてきた信頼を失うことにも繋がります。いろいろな性格の子がいるのでお尻をポンポンされることはすべての猫が好きとは限りません。とてもデリケートな部分のため、そもそも触られるのが嫌な子もいます。嫌な場合はその場から逃げたり、イカ耳になったり、尻尾をバンバンと音を立てて振ったりするため、そのような行動が見られた場合はすぐに止めましょう。また、いつもはして欲しいとねだる猫でも、体調が悪い時には刺激が強すぎる場合もあるため控えるようにしましょう。
嫌がるというより、痛がったり激しく抵抗する場合は病気や怪我の可能性があります。尻尾を挟んでしまった後や他の猫と喧嘩をした後など思い当たることがあれば、猫の様子を観察しおかしいと思った場合は動物病院に連れて行ってあげましょう。

猫がお尻をポンポンされている動画

この野良ちゃんは、頭を撫でようとしてもお尻を向けてきますね。しかも、結構激しめのポンポンが好きなようです。


引用元:公園の腰トントンが好きな三毛猫、喜び方が可愛過ぎる

まとめ

いかがでしたでしょうか。猫のお尻をポンポンしてあげるには、まずは信頼関係を築かなければなりません。猫の方からお尻を向けてねだってくれるようになれば、あなたを信頼している証になります。個体差がありますので、ポンポンされるより優しくお尻の辺りを撫でられる方が好きな子もいますし、ちょっと激しめのポンポンが好きな子もいます。猫の表情などを観察し、気持ちいいと感じるようにしてあげてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

のらねこ

札幌在住。 日々ブログや動画で癒されているうちに、自分自身でも作りたくなって作成したブログです。 大好きな猫に関してマイペースで情報を紹介していきます。