猫の行動

猫のスコ座り

猫がお尻をつけて後ろ足を広げて座る座り方を「スコ座り」や「おじさん座り」と呼んでいる方は多いのではないでしょうか。猫がこの座り方をする時はどんな時なのでしょうか。
猫のスコ座りについてもっと詳しく見ていきましょう。
スコ座り
目次

猫のスコ座りとは

猫がお尻をつけて後ろ足を広げて前に突き出すようにして座る姿が可愛いと、ネットなどで見かけることはよくあると思います。他の猫種よりスコティッシュフォールドがこの姿勢をとることが多いことから、この座り方のことを「スコ座り」と呼ぶ人が多いようです。また、見た目の姿が酔っ払ったおじさんをイメージしやすいことから「おじさん座り」と呼ぶ人もいるようです。英語圏ではお釈迦様が座禅を組んでいる姿に似ているため、「ブッダポジション」と呼ばれているようです。スコ座りには、主に3種類の座り方があります。

 背もたれ型

ソファや壁を背もたれにしてバランスをとって座る座り方です。

 自立型

背もたれも腹筋も使わないで、重力を利用して自立して身体のバランスをとって座る座り方です。

 腹筋型

背もたれを使わずに自分の腹筋を使ってバランスをとって座る座り方です。

関連記事

猫がスコ座りするのはどんな時?

スコ座り

 リラックスしている

猫にとってお腹は弱点になるため、警戒心の強い猫はお腹を上にするスコ座りはしません。猫がお腹を見せるのはその場所が安全で、周りにいる人を信頼しリラックスしている場合だけです。スコティッシュフォールド以外の猫でもスコ座りをすることはありますが、長時間その姿勢でいるのは、やはり他の猫種に比べて関節が柔らかいスコティッシュフォールドが多いようです。

 毛づくろいをする時

猫は食後や排せつ後はグルーミングをして毛並みを整える習慣があります。自分のお腹や股間を舐めて綺麗にする時に取る姿勢がスコ座りの姿勢です。スコティッシュフォールド以外の猫でも毛づくろいの時だけする子もいますし、スコティッシュフォールドでも全くしない子もいます。

 病気によって痛みを感じる時

折れ耳のスコティッシュフォールドは遺伝性疾患が多いと言われています。その一つに「骨軟骨異形成症」というものがあり、これは遺伝的に骨が十分に成長しない病気で、成長とともに手足の変形が進んだり骨瘤が大きくなったりします。また、中年~老年の身体の大きい子や肥満の子がなりやすい病気に「変形性関節症」というものがあり、軟骨がすり減ったことによって関節に痛みを感じる病気があります。このような病気は、四肢に体重がかかる座り方をすると負担がかかり痛みを感じることがあるため、それを避けた座り方=スコ座りをすることがあると考えられています。

関連記事

スコ座りをしない猫もいる

グルーミングの時にスコ座りをしないで、横になってする子もいますし、全てのスコティッシュフォールドがスコ座りをするわけではありません。また、今までスコ座りをしなかった猫がある時からするようになることもあります。
スコ座りをしないからといって病気とは言えませんが、猫がいつもと違う座り方をしている時には注意が必要です。

体調が悪かったり怪我をしている場合はいつもとは違う座り方をすることがあり、身体が痛くて伸ばせない、座れないなどの理由があることもあります。猫の表情や歩き方、トイレの状態、ご飯や水の摂取状況を見て病気や怪我が疑われる場合は、動物病院に連れて行ってあげましょう。

猫のスコ座りの動画

猫のスコ座りの動画を見てみましょう。とても可愛らしいですね。


引用元:【決めポーズ】 スコ座り Scottis Fold's Sitting Style

まとめ

いかがでしたでしょうか。猫がスコ座りをするのはとてもリラックスしている時もありますし、毛づくろいの時もありますが、病気や怪我などで関節を痛めていることもありますので、日頃から猫の表情などをよく観察するように心掛けましょう。

© 2021 ねこ日和