猫の行動

猫の香箱座り

猫が前足や後ろ足を見えないように折りたたんで座る姿を見たことがないでしょうか。この座り方は「香箱座り」と呼びます。猫がこの座り方をする時はどんな時なのでしょうか。
猫の香箱座りについてもっと詳しく見ていきましょう。
香箱座り
目次

猫の香箱座りとは

猫の香箱座りとは、まるで置物の様にお腹を下につけて前足や後ろ足を折りたたんで見えないようにし、尻尾を巻き付けた座り方です。この座り方の名前の由来は、綺麗な形にまとまった姿が茶道や香道の道具として使われる「香箱」に似ていることに由来しています。海外では、この座り方のことを「パンの塊」という意味である「catloaf」と呼んでいるようです。

猫が香箱座りするのはどんな時?

香箱座り

 飼い主を信頼している

香箱座りは四肢を身体の下にしまい込んだ座り方のため、何かあった時に咄嗟に動くことが出来ません。家の中で飼い猫がこの座り方をしていた場合、飼い主がいるところでは危険なことがないと安心している、または危険なことがあっても飼い主が守ってくれると信頼している証です。ただし、前足は折りたたんでいてすぐに動かせませんが後ろ足はすぐ踏み込める型になっているようです。

 リラックスしている

飼い主とまだ信頼関係を築いていない猫や警戒している猫は香箱座りをしません。この座り方をしている猫はとてもリラックスしている状態で、日が差していて心地よさそうな窓の縁、ソファや床の上などお気に入りの場所で座っていることが多いようです。

 体調が悪い

香箱座りをしているからといって必ずしもリラックスしているとは限りません。元気が無く長時間香箱座りをし続けている場合は、トイレの状態やご飯や水の摂取状況などを確認し、場合によっては動物病院に行きましょう。

猫以外に香箱座りをする動物

猫の香箱座りについて紹介してきましたが、実はこの座り方をするのは猫だけではありません。下記の他に犬やアルパカなどもすると言われています。

トラ ライオン トラ・ライオン

大型のネコ科動物であるトラやライオンは香箱座りをしますが、前足は猫の様にしまい込むことが出来ません。
動物園に行った時にはどんな座り方をしているのか改めて見てみたいですね。

うさぎ うさぎ ウサギ

ウサギは前足や胴が短いためまんまるで置物みたいですね。

 

香箱座りをしない猫もいる

見ていて可愛い香箱座りですが、中にはしない子もいるようです。

 子猫

子猫は好奇心旺盛で動き回るため、じっとしていることがあまりなく香箱座りをしません。

 野良猫

飼い猫と違って、野良猫はいつ自分の身に危険が迫るかわからないため香箱座りをしない傾向にあるようです。

 大型の猫

大型の猫は前足を折りたたむことが難しく、前足を伸ばして座るスフィンクス座りになることが多いようです。

 リラックスしていない

家に来てから日が浅くてリラックス出来ていない子や、外に出かけたりする子は香箱座りしないようです。

 骨格や体型によっては出来ない猫もいる

比較的足の長い洋猫は前足を折りたたむのが大変でしない子が多いようです。

猫の香箱座りの動画

猫の香箱座りの動画を見てみましょう。最初は話をしていたご家族も途中からじっとこの姿に見入っています。右後ろの洋猫っぽい子はやはり香箱座りが苦手なようで前足が出ていますね。


引用元:香箱座りだらけの猫たちがかわいい

まとめ

いかがでしたでしょうか。猫が香箱座りをしている姿はとても可愛らしいですが、リラックスしている時ばかりではないので猫の様子をよく観察してくださいね。また、いつもしていたのにある時からしなくなったなどの場合は骨などの病気の疑いも考えられますので、猫の歩き方がおかしかったり、食欲が落ちていたり辛そうな表情をしているようでしたら病院に連れて行ってあげましょう。

© 2021 ねこ日和