猫について

猫の様々な鳴き声と鳴き方の違いによる意味

実際に飼っている方は、猫が実に様々な鳴き声を出すことをご存じだと思いますが、鳴き方によってどんな意味があるのかご存じですか?

この記事では、猫の鳴き声の種類と鳴き方による意味についてまとめてみました。

鳴く猫

目次

猫の様々な鳴き声

猫の様々な鳴き声

 ニャー、ニャーン

私達がよく聞く鳴き声ですが、猫同士ではこのような鳴き声は出さず、この鳴き方は人間に対して何かを要求する時に発すると言われています。

  • お腹が空いた時
  • ドアを開けて欲しい時
  • 構って欲しい時
  • トイレを掃除して欲しい時 など

 ニャッ、ミャッ

短く「ニャッ」という鳴き声は、返事や挨拶を意味すると言われています。

また、捕まえたいけれど捕まえられないようなもどかしい気持ちの時に出すとも言われています。

私が良く見る動画に出てくる猫が、庭に来る小鳥に対してこのような鳴き声を出していました。

 クルル

少し変わった鳴き声ですが、「クルル」という鳴き声は甘えている時に出すようです。

もともとは、子猫が母猫を呼ぶ時に使う鳴き声なので、あなたに対して猫がこのように鳴いた時は、あなたを母猫と同じ様に感じ甘えていると思っていいでしょう。

 ニャーーオ、ニャーーン

人間に対して何かを要求する時よりも長い鳴き声を出す時は、不安だったり不満があるようです。

飼い主が外出してしまって、不安な気持ちになった猫がこのような鳴き声を出すことがあります。

声のトーンが上がってくると不機嫌になってくるため、あなたを見て長めの声を出している時は、猫が何に対して不満を持っているのか確認し対処するようにしましょう。

 カカカ、ケケケ

少し変わった鳴き声のため、聞いたことが無い方もいるかもしれません。

このような声は「クラッキング」と呼ばれ、獲物を狙っている時や興味があるものを見ている時に発すると言われています。

 シャーッ、フーッ

猫同士が喧嘩をしている時などによく耳にする鳴き声です。

「こっちに来ないで」「触らないで」と威嚇している時の鳴き声ですので、飼い主が構いすぎてこのような声を出された時にはそっとしておいてあげましょう。

構わずに触っていると、引っ掻かれたり噛まれたりといった攻撃をされてしまいますよ。

猫はどうして鳴くのか

猫はどうして鳴くのか

私達人間とは違い、猫同士では鳴き声を出しません。

野生の猫や野良猫は、敵に自分の居場所を知られ襲われないようにあまり鳴かないと言われています。

また、猫同士はお互いの臭いを嗅ぐことで様々な情報を交換し合っているため、鳴かなくてもコミュニケーションが成立するとも言われています。

では、なぜ猫は鳴くのでしょうか。

保護猫で最初の頃は全然鳴かなかったのに、徐々に鳴くようになったという話を聞くことがあります。

ご飯の用意などを忙しくしている時に、気が付いたら冷蔵庫の上から猫がこっちを見ていたなんてことはありませんか?

猫はいつも寝ているだけに見えても、私達の行動をよく見ています。

私達は言葉を話すことでコミュニケーションをとるため、猫に対してもよく話しかけたりします。

猫は、一緒に生活していく中で私達が声を出すことで意思疎通をしていることを知り、鳴くことで自分の要求を満たしてくれることを学習しているのです。

猫は鳴き声だけではなく耳や尻尾、仕草などでも感情を表し、「この人では自分の要求を満たしてくれない」と感じとったら、普段甘えることのない人に甘えた仕草をして要求を叶えようとすることがあります。

普段甘えてこない猫が、こっちを見て可愛らしい仕草や鳴き声をしてきたら、大抵の人は猫の要求に応えてしまいます。

猫を飼っているつもりの私達は、実は猫の都合のいいように飼わされているのかもしれません、恐るべし、猫様。

関連記事

まとめ

いかかでしたでしょうか。

猫の鳴き声によってどういう気持ちでいるのかがわかると、猫との信頼関係が築きやすくなります。

本来ならば鳴く必要のない猫が、鳴くことによって私達とコミュニケーションを取ろうとしていると考えると、さらに愛情深い存在に思えてきますね。

© 2021 ねこ日和